2015年08月04日

ハ5日目

この日は
朝がアサイボール、お昼がビーチでまったり、その後Aさんはエステに行って私は洗濯をし、最後にいいところでディナーの予定。


A さんはとてもポジティブ思考で我慢強いし一緒に過ごしていても私が嫌な気持ちになることはひとつもないんだけれど
英語がわかる分私には色んな情報が入ってきて色々考えたり悩んだりするのが、気になったかもしれない。
今回大きなストームが来ていて、ラジオで警報情報が流れるたびに私が心配しているのを見て「心配したって仕方ないじゃん、大丈夫大丈夫」という感じだったが
自分の身は自分で守るという生活がしみついているし、流れて来る情報はかなり深刻に聞こえたので、それをわかってくれないAさんには少し苛立つものがあったかも。
私にとっては慣れ親しんだ国、Aさんにとっては何もかもがめずらしく初めてに近い国、ということで、そこをよく考えて行動しなくてはと思ったけれど
おみやげを買うのに時間がかかったりするのを、いいよいいよともっと言ってあげれればよかったのにあまりできなかった。
そんな私に気遣って行動を考えてくれたり、いつも元気に明るく行動するAさんには頭がさがった。

あともう一つ、お互いにかなり気を使ったと思う所がお金の使い方。
ふだんからセレブのAさんが海外旅行に来たらお金は気にせずに快適に過ごしたい。
私もこれはホリデーだし、これから収入を得られる生活があるのだからそんなに今までのようにきちきち過ごさないようにと思ったのだが
それでもお金の使い方には大きく差があった。
例えばホテルのWi-Fiが1日10ドルというのをきいて、無料のロビーに行ってやればいいという私と、10ドルくらいだったら払って部屋で快適に使いたいというAさん。
私が出すから、とAさんが言ってくれるんだけれど、それも私が気持ち良くないことも知っているので
今回A さんは自分だったら使う金額の半分も使わなかったのでは、と思う。
食べるものも、そんなにお金をかけて食べたくないという私と、たとえ食べきれなくてもここしか食べれないものならなんでも食べてみたいAさんで違ったなぁ。
なるべくお互い歩み寄ってお互いが納得する方法を選んだつもりだったけれど、A さんは物足りなかったかもしれないな。

最後の晩はAさんのパッキングが残っているので、飲み過ぎずに、とローカルな不思議なノンアルコールが飲めるところでしめて帰る。
私は毎朝早く起きてしまって寝不足+慣れない運転で疲れているので、明日からの一人運転に備え一刻も早く寝たかったのだけれど
Aさんの飛行機チェックインなどを手伝って結局2時くらいまで起きていたのかな。
明日も早いです。
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

ハ4日目

ロングドライブでヒロ方面へ。
大丈夫かなぁと思っていたけれど道もよく問題なく到着。
Aさんの希望のロコモコを食べ、ヒロの街を散策した。
そのあとキラウェアに行き、噴火口を見ることもできた。
そして帰り道、距離が近そうだったので、南側の道を選んだのだけれど、これが真っ暗の中くねくね、アップダウンのくりかえしで精神疲労マックス。
加えてガソリンも足りないかもということでかなりスリルを味わった。
帰りは10時半くらいになってしまった。Aさんは後少ししか時間がないので、おいしい食事を食べたかったけれどもレストランはのきなみ閉まっている。
私が提案してスーパーへ行って、サラダやパン、ワインビールを買ってかえることに。
そしたらなんと11時過ぎには酒類は販売できないということがレジで判明してかなりショック。
運転に集中していたら思ったよりも生理の出血が思ったよりもひどくて、車のシートも汚してしまう。
ここらへんで体力的にも精神的にもお疲れマックス。
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハ3日目

また早起きしてしまう。昨日は寝不足で高山病の心配があったけれど、今日は気力でなんともなりそうだったので大丈夫。
まずはレンタカーを借りに行った。
そしたら問題発生。なんと大丈夫ときいていた日本の免許証が使えずにA さんが運転できないことに!
運転に苦手意識を感じていた私と、運転が好きで得意なAさんだったので、二人ともショックは大きかった。
自分1人で運転すると移動距離に限りがありそうだし、上手でない運転に心労をかけそうだったし、そうはいっても運転する楽しさをAさんに味わってもらえない、ということでとてもショックだった。
しかしとりあえずそこから先は運転しなければ始まらない、ということで運転に集中。
かなり大騒ぎしたけれど行きたいと思っていたところまで行って帰ってこれた。
夕方からはマンタスイム。ハワイ島かオアフ島かどうしようかなと思っていたときにハワイ島にした決定打がこれだったのでとても楽しみに。
しかし午後からお腹が痛くなって、こないと思っていた生理が来てしまった。
そうはいっても術後1週間しかたっていない。タンポンもダメだっていわれているし、、と迷ったが生理が来るってことは順調に子宮も回復しているといいきかせてタンポンを使って海に入る。
念願のマンタはよかった。自分の真下、てをのばせばさわれる位の距離でマンタがクルクル旋回している様子は圧巻だった。
昨日も今日も、自然のすごさを感じられるときを過ごして自分の内側が喜んでいる感覚。
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

ハ2日目

時差が中途半端に少なかったので、やっぱり朝5時に目がさめてしまう。
二度寝しようと試みるもなかなかできないので、パソコンを持ってWi-Fiエリアで少しネットを。
Aさんが起きたので、歩いて朝食へ。典型的アメリカンな朝食。Aさんが喜んでいたからよし。
そのまわりを少し見てからホテルに戻り今日のツアーの準備を。
Aさんが居るので日本語のガイドのツアーにした。12人満員の車ででかける。
これがまた日本人の喜ぶツボをおさえた内容でとてもよかったし、ガイドさんがすごく熱心で心を打たれた。
すごくよく勉強しているし、工夫しているし、最後パンクのアクシデントがあったときはやはりパニックにはなっていたが、こなしてすごいなぁと
後できくとなんと22歳!彼の情熱と誠実さをいうのがとても心に残って、私もこんな仕事をしたいと思えた。
ツアー自体もよかった。天気にも恵まれて嘘みたいな星空もみえた。
興奮が冷めないうちに帰って遅かったけれどワインで乾杯した。
就寝2時。
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

出発→ハ1日目

およそ半日かけてコナに到着しタクシーでホテルに向かう。
先についていたAさんと合流して荷物もそのままにバーに行って乾杯。
Aさんとは毎夏会っているし、一緒に旅行も何度かしているので特に緊張もせずにすっとなじんで、お互い疲れていたのもあったのでお酒を飲んだらすぐに女子トークを開始。
すぐにもりあがって1時とか眠ったのかな。
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さよならさよなら

最高の寝覚めでもなかったが二日酔いは感じずに起床。
洗濯、シャワー、最後の荷造り、今日のお昼に食べるおにぎりづくりなど10時半の出発に向けて着々と準備。
結局空港はヤングにお願いしてつれていってもらうことにした。
ありがたいことに連れて行ってくれそうな人は何人も居そうだったんだけれど、やっぱり3年、ケンカしながらも一緒に過ごしたんだもんなぁ。
車中もう少し話をしたかったんだが、ワンちゃんのことを話そうと思うとやっぱり感情的になってしまいいつものように静かに過ごした。
こんな私だけれども最後は「君はいいルームメイトだったよ」と言ってくれたヤングに感謝。
彼にとってワンちゃんの事を共有する私が近くから居なくなる事はひとつの転機になるだろう。
ワンちゃんが居なくなった後は話をする機会が少なかったというのもあるけれどケンカしなかったな。
すれ違いはあったけれど、私の事を大事にしてくれたのは紛れもない事実。感謝。また会えるかな。

そしていよいよ出発。
3年いい経験をした。
貯金もほとんどないし、年もとった。
けどそんなことを少しも後悔しない大きな視点で見る力がついたし、自分の人生でしたいことや必要なものがよくわかった3年間だった。
まだ人生折り返し前に、自分の声がはっきりきこえるようになってなんて幸せなんだと思う。
日本である程度評価されて、でもゼロになって、自分らしさを出せない生活が始まり、がんばってそれを出してもまるで評価されないスタートだった。
それが今出発する時になって、私の思った通りに行動し言葉を発すると、それに勇気づけられたり笑顔になったりする人が居る。それがとてもうれしい。
今日もらったMのカードの中に「あなたにこれから関わる人達はあなたのその力で助けられ勇気づけられてとてもラッキーだと思う」という言葉があってそれがとてもとてもうれしかった。
もちろんまだまだ課題はたくさん。伸びるためにやりたいこともたくさん。だけどその言葉を信じて、はつらつと生きていきたいなぁと思う。
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

ラストな日々3

最終日まで、、と思ったが行けそうなのでジムに。
おそるおそる前日からジャグジーにも入っている。

J とF にキャンパスで会って、メッセージを書いてもらって
夕方から私企画のお別れ会へ。
「帰る前にまた会いましょう」と口約束をした人達が何人かいるんだけれど、時間的にも全部は厳しいなと思ったので、この日の3時から6時まで私がお気に入りのバーに居るので、来れる人は立ち寄ってお話してって下さいという計画。皆さん気軽に来れるので我ながらナイスアイディア。
結局10人くらいがわらわらと。皆とゆっくりじっくりという感じにはいかなかったけれど、それぞれがまた知り合いを作ったりする場にもなったようだったからそれでよし。
Kさん夫妻とTさんからはさみしさが伝わってきて、私もちょっと気をぬくと悲しいモードになってしまいそうだったので、なるべく気をそらして過ごした。
途中Tさんがいつものようにへらヘらしながら「いやでも本当にありがとうございました」と言ったと思ったらポロポロ涙を流してびっくり。「支えて励ましてもらいって感謝しています」って。
私はもちとんそういうつもりで声もかけてたけど、どちらかというと飲み友達が欲しいんだろうなぁと思っていたので、そう言ってもらったらうれしかったし、悲しさもこみあげてきた。
私の狙いでもあったんだけれど、あえて19時で終了。あまり飲み過ぎたくなかったし、論文がまだ終わってない人や次の日仕事がある人に気を使わせたくなかったので。

夕方はワンちゃんのお墓参り。出発する前にもう一度、と思っていたが、出発前日に来れてよかった。
しかしお酒が入っているのと、センチメンタルな気持ちがマックスなので涙がとまらず悲しいお墓参りになってしまった。
ヤングが散歩に行こうと言っていたのが、私が遅くなってしまたせいか、ヤングが何かやることがあったのか、そのまま帰って来た。
ビールは3杯しか飲んでないのに、何人も集めた会があってテンションが高くなっていたのでえらい酔った感じが。
二日酔いになりませんように!と強く願いながら早めにベッドへ。しかし猛暑でなかなか寝付けなかった。
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

ラストな日々2

Mと夕ごはんを一緒に食べる約束をしていた。一応同じ身分のヤングに声をかけるも即答しなかったので、これはまた来ないだろうなと思っていたら来ると言い出した。
Mとはいつも話尽きないくらい共通の興味があるので、できれば二人で、、と思ったが誘ったのは私だし。
予想通り、3人だとあたりさわりない話題だったし、来ておいてヤングは結局気になることがあるらしく家へ帰りたそうにせわしなくしておちつきなかったが
いい機会にはなったと思う。
リースはこの金曜に切れるのに、一番時間があったはずのヤングはまだ次の行き先が決まっていなくって、Mにお願いして延長してもらっている。
確かに次はMは母屋を賃貸せずに自分が住むようにリフォームするということだからすごく迷惑はかけていないけれど
そんな状況でもまだ焦らず、毎日家にずっと居てパソコンをいじっている姿が理解しがたく、つい口調がきつくなってしまう。
もう一人のルームメイトは次のところをさがして7月あたまに出て行くといっていたのに、半分引っ越して荷物はそのまま。
まさかリース後に荷物をとりにくることはないだろうと思っていたらどうやらそんな感じらしい。
なんだかなぁ。
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

ラストな日々

Tさんが夜飲みに行こうと。
日曜日にあったときのTさんが何故か私を苛立たせて、さらにこの日のやりとりも適当、というか強引なところがさらに気分をもりさげ
予定時間よりも遅くに出かけることになった。
よっぽど断ろうかと思ったが、最後になるかもしれないというのでぐっとこらえて出かける。
指摘はせずに話をおだやかに聞く。そしたら長い間不思議に思っていたTさんの過去を話してくれた。なるほどなぁ、それで変なところでちゃかしたりしてたのか。思ったよりも傷は深いし現在進行形だった。
何も知らずにTさんのその不確かな部分を追求しなくてよかった。
暗くならないうちに帰る、という予定だったが結局11時まで飲んでしまった。でもいい時間だった。
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

術後2日間

術後1日目の土曜日
最後にサタデーマーケットに行って買いたいものがある。
すっかり元に戻ってしまった体重をしぼりたいのでジムに行きたい。
夕方はKさんちでバーベキュー。

痛みもかわらずなかったので全てやってしまいました。
しかし自転車こぎはじめたらすごいふらふらいしたので
午前中のジムはやや控えめモードに。
筋力はそんなにかわらないのだが、体をゆらすとめまいがして気持ち悪い。
まだ麻酔が残っているのかな。
お風呂やプールは次の診察までダメ、と書いてあったが、私は次の診察を入れていない。事情を話したら「何もなければいいでしょう」との事だったので。
ではお風呂とプールはいつはいれるのか?
まぁ今日でないことは確かだよな、と思いつつも、ジムに行った楽しみはジャグジーなので、
足だけつかることにする。
足がまだすごくむくんでいるのがわかる。

マーケット経由でKさん宅へ。
本調子でないので会話に集中できないのがわかる。
Tさんも来るはずだったので、早く来て場をもりあげてくれないかなーと思っていたけれど結構遅くまで来なかった。
Tさんも最近色々あったのもわかるんだけれど、遅れて手ぶらできて、K夫妻が用意したごちそうをむしゃむしゃ食べながらいい放題いって、という感じで、私の好きなTさんのモードではなかった。
Kがミントウィスキーを作ってくれていて、これがまた口当たりよくて飲み過ぎてしまった。
なんとか最終バスをつかまえて帰宅。


翌日の今日は二日酔いではなかったけれども寝起きが悪かった。
10時にAとブランチの約束をしていたので、むくんだ顔で行く。
2時間ほどいつもおしゃべりをする。Aが手作りアクセサリーにAの国の服をくれたり、いつもAにはもらってばかり。
しゃべっている途中も頭の中がくらくらして、
これが二日酔いなのか、術後の影響なのかはっきりしないけれど
急遽次に行く予定だったジムはキャンセルして家に戻ってきた。
そして4時間たっぷり寝た。だいぶすっきしたかな。

そして夜はFと。なんとアドバイザーのAがFの友達で一緒に飲む事になって
どんなもんかなと思ったけれど結構楽しく過ごせた。
Fはいつも飲んでも2杯なので、それにあわせて私も少なめですませられる。
最後にアイスクリームをごちそうして解散。
AもFも私にとって大きな存在だったので、しばらくの別れになると思うとたまらない。
でもあまり悲しさは感じないようにしている。

さて帰って来て、やはり体調が万全でないので今日は早いこと寝ることとする。



posted by r at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする