2016年09月02日

占いに言われたこと

気になるKさんについて、今週はわぁっと気持ちがもりあがった。おととしのJの時は自分から好きになったわけじゃないし遠く離れていたから、こんな感覚は実に5年以上ぶりで
恋愛感情がつきまとう日々の生活がくすぐったりうざったかったりした。

確実に以前と違うことは、悲観的になった時もそこから盛り返すのが早い。
このしなやかさは年齢と経験のおかげだな。

会社の後をどうするか、という話も続いており、コンサルの方からも「継ぐ気ありませんか」と聞かれた。

できればパスしたいけれど、気になるKさんと一緒だったらやってみたい、というと盛り上がる上司。

しかし自分の感覚だと、Kさんとプライベートもつながって仕事でも一緒にというのはありえない気がする。
そこをつきとめたくて、4年ぶりに占いに行ってみた。

結果覚書
「男だったらよかったのに!という手相」これは前も言われた
運勢よし 社会ににずっと出て活躍する
5年後にものすごく忙しくなる。その時に色々に追い詰められて迷うことにもなる
子どもとかかわることがとてもよい、教育業界にむいている
友達にすごく恵まれている 良縁も友達に助けてもらうとよい
権力のある人と一緒になる
Kさんとの個人的相性はとてもよい
Kさんとのビジネスの相性はとても悪い

最後のところ、不吉な顔になって「もう一度やらせてくれ」と言われ
そのあとも64あるうちの同じ結果が出た。こわいこわいということだった。

なんか自分でもそれを感じていたので占いに来たこともあり、やっぱりなぁと。

さて、どうするかね。
ビジネスではありえませんがプライベートでいかがでしょうかと言ってみるか。
Kさん自身も私の上司もビジネスで絡む可能性に興味を示しているので、これは一度会ってみることはするか。私があまり推さないように。

占い師の方も言っていたように、一時的な読みということとそれでも占いなので
気づきをもらった程度に今後の決断はしていくようにしよう。

その後、ちょっとがっかりした気持ちをどうにかしたくてビールバーに行った。
一人で悶々と考えたかったのだが、カウンターのマスター夫婦にとても絡まれた。それはそれで楽しかったんだけど。

仕事の方は絶好調、のような気がする。



posted by r at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

ロマンス発生?

授業に行っている先の担当者Kさん。
最初はとにかく新しい担当である自分を気に入ってもらわなければ、いろいろ気を使っていた。
いわゆるデキる男という感じで好みのタイプであったが、まぁ5歳も年下だっていうしこっちが良くても相手が対象にならないだろうなぁと思っていた。
そしたら何故かどうでもいいことも電話がかかってきて、仕事以外の話をするようになり
「ちょっと今落ち込んでいて」というので、飲みに誘ったらあっさりと来た。
仕事ができる故に職場の上司に邪魔をされるというなんともかわいそうな状態を聞き、転職もありなんじゃない?いやうちくる?なんていう話をした。

昨日の今日でまた電話がかかってきて1時間半ほど話す。
これはロマンス発生?

5歳したってどうよ、、と思いながらもいろいろ考えずに自分の素直な気持ちで行動していったらいいという思いがあるのだが
彼がうちの会社で働くことに非常に興味を示しているのが気になる。
私としては欲しい人材かだと思うがそこが自分の色眼鏡が入っているような気もする。

とりあえず上司に会ってもらう算段を、、と思っていたらちょうど上司からも話があるということで食事をした。
そこで幾つか言われたことは
ー今会社を継ぐ候補のCさんがNGだった場合、自分が覚悟をすること。
ーしかし会社としてはCさんが欲しい、からCさんに一つ上のタイトルを上げるという案はどう思うか
Cさんはこの会社でずっとやっていくということに迷いがあり、仕事に距離を置きたがっているのは目に見えている。
今はCさんと私は同等のタイトル。
思いも労力も、かなり多くある私の上に彼女を立たせるのは、彼女の事を尊敬しているといえども気持ちいい返事はできなかった。
結局自分も競争心があるのだろうか?
いろいろ情報があって、自分でも整理しにくい。

今日はコンテストだった。昨日飲み過ぎたのもあり、どうしても行きたくないなぁと渋々行ったが
その脱力感が良かったようで、なんと入賞ができた。
すごく不得意としていたスピーチ分野だったので、入賞できて本当に嬉しい!

さてさて、そんな中引っ越しが始まりますよ〜。




posted by r at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

1年です!

フェイスブックに去年の今日帰国したことを知らされる。

変な麦わらかぶってスーツケース引いてそのまま不動産屋に行って鍵をもらったんだったよなぁ。
こんなにあって1年か。

まさか1年後には家を買って引っ越しの予定が立っているなんてね。
今では慣れて暮らしやすいこのアパートとももう直ぐお別れ。
よくまぁいい物件に巡り会えたし、決断もできたな。

仕事に対して日々焦るような気持ちを抱えながらやってきたが、客観的に見てみたら決して悪くないのではないかと。
前回ちょっと落ち込んで書いたクラスも、なんと最後の公開テストは30人中28人が点数上がってるし。
あんだけテスト中寝ててスコアアップなんて、奇跡。
奇跡でもなんでも、学生たちが「クラスを受けてよかった」と思う材料が一つ増えたことは嬉しいし
じぶんの肩の荷がとりあえず下りた感じ。
裏付けのない結果なので、後期のプレッシャーは重いが、それはそれということで。

今日から一週間お休み。明日はまたスピーチの発表なのに準備を全くしていないので、今日明日はそれに費やして終わるかな。大きなあそびの予定はないけれども、2年目をより自分らしく過ごせるように自分の身の回りを整えたい。
posted by r at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

そんな時もある

週末は仕事の仲間と飲みに。
暑かったせいか、皆で泥酔する。その時は楽しいんだが後が辛い。。
引っ越したら飲みにも行けないから、ちょうどいいかな〜とも思っている。

JHが見学した後の本日期末試験。
1クラス目。生徒が授業に対してアンケートを出すのだが、その出来があまり良くなかった。
先週とった2クラス目の出来は良かった。
ものすごく苦労をした1クラス目の方がもっと私の情熱を感じてもらえていたかと思ったがそうでもなかった。
感受性が弱っているというか、打っても響かないというか、期末の最中も超態度悪いし
学力の低いこというのは、何かから刺激を受けるとか学び取るという癖ができていないように改めて感じる。
多少ショックだけれど、私が彼らに対して尽くした事に後悔はないし、また次回に生かせると思って気にしないようにしよう。
心に響かなくても、期末の結果が良ければ嬉しいんだが、何しろ試験中寝る子はいるわ、私のアドバイス全く覚えてもらっていないわで、あまり期待できない。
これも自分の力不足だが、初めてのクラスという事で自分を許そう。

2クラス目ももっとできるかと思っていたが、思ったほど筆記はできていなくてこちらもショック。
いくら気持ちが上がっても、結果として現れてこないと社会で勝負できないわけで。。
まぁ即効性がないアプローチだとはわかっているのでこちらが焦らずということだろうか。
シラバスの作り方や採点方法などの課題も見えてきた。課題はわかるがどうやって解決すればいいのか自信がない。

もう一つのところでのビックプロジェクト。ビックすぎて本当にビビる。私でいいんだろうか。向きでない気がするんだけれど。。。

会社に帰ると、あれもやれこれもやれと言われて、嬉しいと単純に思うのだが
こなせる自信がない。今日は色々ミスも発覚したので、あまりいい日じゃないのね。

引っ越しも楽しみ反面、やらなくちゃいけないことが山盛りあって少し気後れが。

思い切って今日は日課になりつつあるジムトレをスキップして、パソコンに向かう。
ゆっくり本でも読んで瞑想して寝よう。

posted by r at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

驚きの展開

ああ犬が飼いたい。それにはやっぱり一軒家。中古でいいところがあれば、と人に話すようになったら
見事いい話が舞い込んだ。
知り合いの家族の別荘。
別荘地というということと、築年数も相当ということでかなりお手ごろなお値段。
H先生に、興味があるならすぐに見に来てと言われ、ちょうどその翌日休みを取っていたので見に行き
もし私が買わなかったら他に買いたい人がいるので、週末を挟んで返事がほしいと言われ
ものすごく急展開だったが、決めてしまった。

1番の決め手は値段が安かったこと。6年くらい住めば元が取れそうなくらいに安いので
取り返しのつかないこととかにならなそう。

暮らしやすくするためには結構手を入れなければいけないかもしれないけれど
とりあえずすぐ住めるくらいの状態だし。

いつも「ここに住んだら幸せ」と言っていた土地なので、決心してから日が経つごとにテンションが上がってきている。

今のところも便がよく大変暮らしやすく、後ろ髪引かれたが、こんなチャンスは滅多にこないだろうから
思い切って飛び込むことに。

7月は、受験も諦めることになったり、恩師が来てまた私の心に情熱を注いでくれたりして
大きな月だったな。

しばし引っ越し準備でバタバタした後、生活がガラリと変わるが、自分らしさがいつも感じられる穏やかな日が来ると思って楽しみにしている。
posted by r at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

JNの訪問

これはやっぱり特筆すべきと思い振り返り日記。

大学の恩師が海を越え私の町へ。
旦那さんのカンファレンスで日本に来るついでにということだけれども
東京からわざわざ一人でこちらに来て、2泊して、私の会社の関わる仕事をたくさん見てくれた。

好み?考えも似ているところがあり、いつも頼りにしていた大好きな先生。
それでもやっぱり忙しいから遠慮するところもあたったが
今回ばかりは彼女を独り占め。
大学で学ぶこと、教えるキャリアについて、いろんなことを聞くことができた。
仕事については、現状私の周りでは到底でないような感想も出て、ただ感動。

そしてハイライトはやっぱり私の授業。
しかも学期末期末試験直前ということもあり、私はテンションがマックスに。
大事な期末の最後の授業をJHに入って時間を使うことは結果的に行って正解ではなかったような気がする。
だけども生徒たちにもスペシャルな体験は味わってもらえてよかったなと思う。
1クラス目はいい出来ではなかったが2クラス目は感動的な仕上がりとまとまりで
JHが絶賛してくれた。ああ!この道を選んでよかった私と最高に思った。

JHの中で生徒の中の一人だった私が、同じ土俵(の入り口)に立たせてもらったような人生でもハイライトと言える時間だった。


家は決まって楽しみだし、すぐに犬もかえちゃうかもしれないし、
最近始めたボランティアもすごくいいし、地に着いた人生を歩んでいるという実感が出てきた最近。
(しかし気持ちが下がる数日後に続く)
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

転機のような一週間

今週は日々大きな出来事があった。
そのせいか寝不足なのに朝必ず早く目覚めて、その後二度寝ができない。
さすがに体も疲れて緊張が解ける瞬間はコントロールできないほどだれてしまった。

一番大きな出来事はここ1年くらい(もしかしたら4年)自分がつきっきりになりそうな仕事が舞い込んできたことだ。
そして受験しようと思っていたが、それが仕事と両立できないこともわかってしまった。これは事前にもう少し詰めておけばわかっていたことだったので、自分の準備の甘さに腹が立った。
しかしほぼ準備を始めていなかったので、無駄な時間はなかったかと。
これからどんな方法で学んでいくか課題は残るが、ここ1年の予定が見えなかったことがはっきりできた。

ウィークデイ最終日はある対談。メディアに出るということでとても気が重かったが
一辺倒な回答の中で、個人レベルではあるものの、皆が興味を持って話を聞いてくれているのがわかった。
仕上がりもきになるところだが、とりあえず終わってよかった。

この対談で何が一番疲れたかというと、その行き帰りをアテンドしてくれた方が
普段だったら絶対に親しくならないタイプの人だった。
私より20も上なのに見栄ばかりを気にしたり、視野が狭かったり、自慢ばかりして相手の話を聞かなかったり。
その人と話をしているだけで負のエネルギーがどんどん体に入り込んでくる感触があり本当に参った。
帰りは大仕事も終わったという開放感もあるのと、この人なりに私にいいように接してくれているということも感じられ何とか最後まで円満に帰ってこれた。

そんな後昨日はNさんが声をかけてくれて飲みに行った。
Nさんに一緒に仕事をしないか、と声をかけようと思っており、向こうもそれなりにその話を予測してきたのではないかと思い、結構気が張った。
ただ、今まで数回だが話した時の感触とは違い、あまり分野に対して情熱や目標が違うのではという感が正直隠せなかった。昼間の疲れもあり、結構違うと思ったことは違うという意見を言ってしまった、彼がどうとったのか。
そして私が思いのたけを話しても、うちに来るということは魅力を感じられないということも言われたのも残念だったかな。正直心の中で自分も欲しくない、と思っていたが、相手から拒絶されると傷つく感じ。
あと彼はもしかしてパートナー候補になるかな?と思っていたが
昨日話して違うなぁと感じてしまったのも残念。向こうは最初からその気は無さそうだったがやはり昨日も彼からの特別な好意も感じられなかった。こちらについても、自分も興味ないのに、相手から対象外とされるとちょっと傷つく私。。

リセットだ!ということで
今日は健診の後、お買い物に行き、その後図書館に行って私の大好きな作家たちの本を借りてきた。
私のブランドを揺るがせないように浸るのだ。




posted by r at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

刺激の東京

HさんとMさんに会いに東京へ

午前中はHさん。開業したと聞いていつか行きたいと思っていたところタイミングがうまくあったので、
20年ぶり。
当たり前だが20年も経つとお互い大人になっていて、元ボーイフレンドというものあってなんだかくすぐったいような気持ちになった。
当時はダメ学生だった記憶があるが、今は仕事に情熱と誠実さを持って取り組んていて大変刺激になった。

夕方はMさん 
こちらは2年ぶり。もうかっこいいとしか言えないMさん。同じ土俵に上がるにはほど遠い私の話もちゃんと聞いてくれる。
私が最近抱えていた仕事の悩みも、的確に詳しくアドバイスをくれて、神のように見えた。
Mさんにこれからもおつきあいしてもらえるよう、私も研鑽を積まねば、と強く感じる。
Mさんに会う前に、自分の1年の仕事の進捗と、これからについてをまとめてみたんだけれど
じぶんがやりたいと思っていたことが随所にチャンスはあるのにあまりそこに注力しておらず
代わりに目の前に飛び込んできた派手な仕事に気持ちが向いているのがわかった。
派手な仕事はそれなりに必要性があるから、やらないという選択肢はないのだけれど
じぶんが本来やりたいと思ったこと、もしくは自分がゴールとしていることをもう少し日々意識してやったほうがいいと思った。

最近気をつけて体を絞ってきたが、遠出したのでついつい食べ過ぎた。

帰ってきてからは週末もなるべく近場でゆっくり過ごしたいと思っていたが
出かけて刺激を受けることも重要だと感じた週末1日目。
posted by r at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

夏への準備

前回のタイトル「できるだけ日記を書こう」より早一ヶ月。ハハハ。

書き記したいこと

−「今年に入って風邪をひいてないんですよ!」と豪語した途端風邪を引く、
しかしそれを認めたくないまま3週間くらい体調悪かった。
私が原因がわからないが、会社の同僚はこれで入院に成ってしまった。

−年齢による代謝の悪さを痛いほど感じる最近。風邪を拗らせてジムに行けずに、食欲が落ちたので早く治るようにと美味しいものを食べ続けていたら、衝撃のお腹まわりになる。
急いで食事制限と運動多めの日々に戻す。食べないと、だいぶ落ち着く。
どうもストレスを食で解消する傾向にあるので、意識してなおそうと思う。具合が悪かったので瞑想も全然やってなかったのでまた始めたい。

ー2月か3月に続き、スピーチの発表の2回目を昨日終えた。1回目よりだいぶスピーチが長くなったけれど、全暗記して臨む。しっかり課題を胸に刻み、話している間一人ひとりの顔をよく見ることもできた。
ベテランに論評してもらったんだけれど、きちっとアウトラインもできているし話しの流れもいいしとってもよかったと。
他の方は英語がわからなかったところも多々あるみたいで残念だった。
時間がギリギリだったから、早めにと思っていたらかなり早口に成ってしまった模様。
よくも悪くももうちょっとフィードバックが欲しいなと思いつつも一応達成感を味わった。
その日の前の社内研修会でも、以前に比べると落ち着いて前向きにスピーチができていると思った。
成長嬉しい限り。

ー今日はAさんとお寿司&岩盤浴お出かけの予定だったけれど、生理に成ってしまって延期してもらった。
1日フリーになったので、どうしようかな、と思ったけれども、遅起きして
仕事を少しか他付けたり、受験の準備をしたり、次のスピーチについて考えたり
ちょっと溜まってた家事を片付けたりして大変すっきりした。
1日このようなじかんがあるとだいぶ落ち着くんだけれどな〜。

7月は大学の先生が日本にやってきて自分の授業を見てもらうという大イベントがあり
自分の授業も前期終了ということで、気持ちが盛り上がってきている。
お盆明けには出願、そのあとすぐ受験なので家にこもることになりそうだな。
さて受かるかどうか。受かってもうからなくても自分にとってベストな道は開けると思うが
自身後悔はしないように準備したい。

中古住宅購入計画も、だいぶ自分のイメージも固まりつつ、あとは理想の物件が出てくるのを待つだけかと。
それから犬を飼う計画にあたり、やっぱり家族がいた方が何かと便利だろうから、ちょっとパートナー候補がいないか探そうかと思ったらそれも楽しそうだなぁと。

去年は夏を楽しむどころじゃなかったから、今年はゆっくりしたいな。


posted by r at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

できるだけ日記を書こう

過去の日記を読むと励まされるので、できるだけ日記を書こうと思う。

週末は久々の集まり、今回も遠くから大人こどもで13人。
企画をし始めたはいいけれど、平日全く動けないし、あまりいいアイディアも浮かばず
中途半端なまま当日を迎えたけれども
そこは旅慣れた臨機応変な皆さんなので無事形になった。
年をとったのか、しばらくぶりだったからか、海外生活の影響か、過去の集まりの中で一番くらいに楽しかった。
自分の考えていることを自由にいっても、共感ポイントがたくさんあったり特別視されずに聞いてもらえるっていいな。
あと子連れメンバーの大変さを目の当たりにして、親って本当にすごいな〜と。
初夏の山の空気をいっぱい吸って、温泉に入って、
疲れたけれど目一杯リフレッシュできた週末だった。

週明けからはなんかモヤモヤすることが多く
生理前だからかなぁ。やっと慣れた大学の授業も、慣れすぎて今度は学びや刺激がしっかりあるのかちょっと不安になったり、都度よりよくするために入念に準備しながら、瞬間瞬間は真摯に丁寧に対応していけば大丈夫だと自分に言い聞かせたり、

そして今日はまたおっきな仕事がまいこんでくる。これがうまくいけば、当初考えていたプランの何歩も先に進むことができる。いい話が来すぎて怖いくらい。そしてその仕事を成功させるかは私にかかっていると言っても過言ではない。
毎日頭がパンパンになるので、ジムに行ってランニングで落ち着かせる。
一歩ずつ着実に。もっと勉強もしたいしなぁ。
posted by r at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする