2015年05月31日

おかえりニーチェ

今日は勉強デー。
うすうす予想はしていたが結構早く終わった。
のでお昼過ぎくらいに出て、近くのショッピングセンターに寄って服とセール具合をチェック。
ここは安いところだから、仕事用は無理だけど休日用ならいけるかなと。
あとにわかに毎日通っているジムで着る服がない。週に2回の洗濯だから、ちょっと足りなくなるので、さがしてセールで6ドルになったタンクトップ購入。
ジムはやはり効果があり、二の腕を昨日さわって、「あれ」と思うくらいだった。
しめしめ。
しかし今この時期に服かって、日本に行ってサイズがあわなくなったらどうしよう、と一瞬考えるが
人間の方をあわせるようにしよう。
食欲は順調に回復したけれど、なるべく少なめ&健康志向で続けられている、かな?
健康志向というよりただ質素になった感はあるが、
肉魚を家では食べないようにしてから一気に料理欲がうせた。レパートリーが少なすぎ。
これこそ超暇な7月に特訓すればいいのだな。

本日もジム。燃焼系マシン20分、ストレッチ&筋トレ20分、ローイングマシーン10分、プールでストレッチ5分、ジャグジー15分。毎日やってる。なんて優雅な。

それから市の図書館にいったんだった。日本から持って来たたった数冊の本のうちの一つ「ニーチェの言葉」をここに寄付してあって、読み返したくなったので借りて来た。
とても心に響いた。前に読んだ時よりも共感できるページがすごく増えた。
前は耳に痛い、というページも結構あったんだよな。今もあるけれど、「はい今とりくんでいるところです」と思えるようになったかな。
ニーチェも、瞑想も、心にぐっと来る授業での内容も、尊敬する人の言葉も全て私にしてみるとつながっているように見える。
自分の心をめいっぱい開いた留学の3年間、最後のラストスパートで、さらに広げているけれど
それぞれ必要なものがベストなタイミングで入って来る感じがする。
感動だ。

まだだらだら考えているJの事について一歩進めた感じ。
また戻ったりするだろうけれど、心が穏やかになる時が少しずつ増えていくんだろうなぁ。



posted by r at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

ジム8日連続通い

近況

前回の投稿が上向きだったけど、昨日今日とちょっと停滞。
時間がたつほど楽になるだろうと思ったペットロス、意外と手強し。
あまり考えないようにしているからか、思い出した時に予想以上に引き込まれる感じ。

昨日はモールに行って仕事用の服を買ってみた。
思いついてチェックしたら、わりと好きだったブランドが今月いっぱい40%OFF .
Kさんにきいてみるとかなりお得だよということなので。
サイズがあうものかつ、日本でも通用するものを探すのに一苦労したけれど
結構着回しできそうなものを3着購入。激安。満足。

昨日今日とボランティア。あと2回ずつで終わり。
先生の技能を学ぶというよりも、子ども達と丁寧に向き合うことがとても有意義に感じる最近。

今日はボランティアの後2時間くらいあいたので、ジムに行った。
先週から行きだして8日連続。
通い続けることももちろん、マシンやダンベルも、やろうと思うといくらでもできそう。
精神力強くなったなぁと。
8日も通うと見ためもちょこっだけ筋肉がついてきたように感じる。
何を目ざしているのかよくわからないが、結果的には健康になるし、いいことだ。
毎日1時間半から2時間ジムで過ごして、帰って来て瞑想をしていると最後は完全居眠り状態。
昨日は終わった途端に床に転がって眠ってしまった。

ここまでやらんでもと思うが、悪い事ではないのでよし。

午後はジムの後、仕事先の研修で製本教室というのに行ってみた。
おもしろい。夏はこういう趣味教室に端から通うのもいいかも。

出発後どこに寄るかはまだ決められない。どれも心にぐっと来ない。
ぐっと来るものでないとすごく疲れるたびになりそうなので、慎重に選びたい。
たぶん瞑想終わりだとしっかりやりたいことが見えて来そうなので、多少のリスクをおかしても来月末までチケットは待つかなぁ。


posted by r at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

自信を取り戻す

今日は一つのクラスでのペーパーの発表だった。
学部の集大成、みたいな感じでそれぞれが自由なトピックでリサーチして発表する。

私が教育とはこれだ、と思ったものを元に、つなげやすいトピックを選んだ。
課題にも力を入れてきていいものができたと思う。

今日は小グループに別れて発表。どんなふうに発表しようかなと思っていたけれど
思いきって自分のこの3年間での経験をメインに話してみることにした。
自信満々だった自分がどうもがいても皆に追いつけずに悩んだこと
その中で自分とは何か、自分は今までどんなルールにしばりつけられていたのか
それを認識することによってどれだけ自由になれたか
それが教育に必要で、ついては教師達にそのような機会が必要だと。

他の皆は淡々とリサーチの結果を発表していたので、場違いな気がしたが
私がこの仲間の中で勉強してきて、何か私の意味を残したかった。
自分の価値を見失った時のことを話した時はちょっと泣きそうになってしまったけれど
英語を話続けるプレッシャーがあったので、すぐに正気に戻ってできた。

リサーチしたことをそんなに話さなかったので、どうかなぁと思ったけれど

終わったとたんに「○○!すごい!」
「いいゴールだね」
「本を書いたらいいよ」と。皆が寄り添うコメントをくれた。

ファシリテーターを希望した時に、たぶんこのトピックに興味をもってくれそうでなおかつ私が信頼している先生を選んだんだけれど、期待通り、私のポイントについて理解してくれ、それを深くし皆のリサーチをまとめるような形に持って行ってくれた。

ああ、ここまでいけば満足だな、と思っていたところに来れたという実感がひしひしある。

自分ではあまり意識していなかったけれど、Jに突然拒否された事に関して、自分の自信も失っていたのだと思う。Jに私の価値は見いだしてもらえなかったけれど、他にこんなに私の事を認めてくれる人が居る。
私はこの道を歩み続ければいい。

満たされた気持ちで家に帰ると、数日前にメッセージしたSさんから返信があって、
Sさんの心に元気と勇気が与えられたんだなとわかる内容で
それもとてもうれしかったな。

授業で学べるのは後1週間。輝けわたし!


posted by r at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

あとわずか

気がついたら残す所学生生活は後2週間。

金曜から毎日通っているジム。ランナー20分、筋トレ&ストレッチ20分、ジャグジー20分。
鏡をみるとなかなかいい感じだわ。
まだ慣れなくてジム後に眠くなってしまうけれど、しばらく続けようと思う。できれば毎日行きたい。

瞑想も、やれば楽になるとわかっているので朝晩出来るときは30分ずつやっている。ジム疲れで最後寝てしまうのが悩みの種。まぁこちらも慣れるでしょう。
ジムだけで十分すっきり眠れるくらいになるのだけれど、瞑想は何か答えがみいだせると信じているので欠かさない。ああ日本に帰ったら忙しくてどっちもできなくなっちゃうのかな、と思うとこわい。

ヤングは週末友達と出かけていったので、昨日ちょっと顔をあわせた。
今日今後の予定もそうはいっても伝えなくちゃなと思って、話をしていたら
全く違う話題を話しているのに泣けてきてしまった。
ヤングも「君が犬との接点だから会うとつらくなるんだ」といってもらい泣きしていた。
乗り越えられるのはわかっている。ただ一時居ないのをさみしいと思うくらいはよしとしよう。

Jの事もやっぱり考えてしまう。
なんで、、とか今どんな気持ちなんだろう、、と思うと心の迷路に入ってしまうので
ずぶとく、「こんなに私頑張っているんだからいつか後悔するでしょう!」と考えるようにしている。
そうやって自分で頑張って、何か違うものを得た時に彼の事にこだわらなくなる日がくるんだと思う。
なるべくなるものならまたご縁があるかもしれないし。
スーパーポジティブにとらえられるところもこの留学で得た力かな。

あとちょっと。
明日はひとつ課題の発表がある。
思いきって発表してみよう。
posted by r at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

前進&友達

朝起きて小さい課題にとりくむ。
遅寝遅起きのルームメイトに気を使って、洗濯ができてなかったんだけれど
やっと起きだした、と思ったら起きたとたんい彼女が洗濯機を使い始めた。
なーぬーー。私は今日のここしかできそうな時ないのに!
とかなり腹がたったが、はっと思ってその怒りを意識して逃がしてみる。
今日一回帰ってくればいいんだよ。簡単じゃん。
そうやって気持ちのきりかえができてさらに気分がよくなる。
そしたら、そのあと、「これ食べてみて」とローブラウニーなるものをわけてくれる。うれしいな。
不満は自分が作り出すものってそのとおりだな。

午後数時間仕事。そのあと一回帰って来て洗濯機をまわし、
夕方からジムへ。これで3日連続。
無心になって体を動かすこともとてもいいみたい。
瞑想と運動と、両方ストレス解消になるけれど
瞑想のがより精神力を必要としているな。運動は体でごまかす感じ。
でも運動は肉体的にもいいものだし、結果も出て来るから、どっちもいいんだなぁ。
ということでどっちも継続。おかげで夜眠れるっていったら。

Fの事があたまにうかんで、飲みに誘ってみた。
夜遅い、外食だと余計なものまで食べてしまう、たまに強引なFの意見にストレスを感じることがある、など前向きになれない要因のが多かったんだけれど、
気分のかわりめでいけるかな、と思った時にえいっとテキストしてみた。
そしたらすぐ返事くれて行けることになった。
久々だったからなかなか自分の事が話せなかったけれど、意外と居心地よくって犬のこともJの事も話すことができた。驚き、一緒に悲しみ、元気づけてくれるのが心がこもっていてとても癒された。
力をもらって笑顔がどんどん出て来た。
ありがとうF。
なんと、Fと奥さんも別れる話が出ているみたい。その理由が私とJの状況と少し似ていたので
それを話して共感してもらえることもとてもうれしかった。

ビールは二杯。辛うじて15分瞑想して寝た。深く上質な眠り。
夢では何かで私がとても認められて、J の気持ちがこちらにむく、というような夢だった。
起きて現実に戻ってどっと疲れるかと思ったけれどそうでもない。
今日も一日、前に進むぞ。


posted by r at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

とても疲れた

この日は遊ぶ日

まず週末マーケットへ。
私の中ではとてもとてもつらい経験だったこの2週間。
そしてそこから見いだした私の生きる姿勢。
それを覚えているために何か身につけるものを、ピアスでもネックレスでもリングでもと思って。
一通りみたんだけれど、なかなかピンとくるものがない。
長い事つけたい、と思っているので、こだわっちゃうのかなぁ。
当面、ということで10ドルもしないとてもシンプルなピンキーリングを買った。
これをつけなくたってワンちゃんは私の心を占領しているが、悲しい気持ちでなく、前向きな広い心を思い出すのがたまに難しいので、その覚えのきっかけとして。

Tさんにあって、おいしいベジタリアンブリトーを半分こしながら、色々話した。
事前にTYさんから私の落ち込み具合をきいていたようで、突然の私のお誘いにもつきあってくれたのかもしれない。感謝感謝。
その他瞑想やベジタリアン食といった共通の話をする。

キャンパスにかえって、ジムへ。
体を動かす、またあたためるということがすごくいい眠りにつながったので今日も是非いっておきたかった。
今の私は細いけれど、ひきしまってない体。ちょっとこれをしゅっとしたいな。

夕方からKさん家へ。
かわいいワンちゃんを見たらやっぱり色々思い出しちゃってダメだった。
仕方ないよね。前にすすむしかないから慣れるしかない。

昼間の運動に加え、最近食べてなかった肉をたくさん、またお酒も控えめにしていたから3本目くらいからすっかりまわった感じがして、とても疲れてしまった。
酔っぱらいはしなかったので、しっかり自転車でかえってきて、シャワーをあびて、ことんと寝た。
posted by r at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

たまには違う話題を

今日も久々の学校。
こっちの学校はなぜか子ども達が余計にかわいい。貧困層でたぶん幼いということが理由かなと思うのだけれど、学校がこの子達にとってとても大事な場所、と感じられ、先生もすばらしく忍耐強くいつも行く度に感動する。

2週前にこと、その日は学校がいつもより早く終わる日だったけれど、ある子のお迎えが来なかった。
親御さんが仕事が休めないので、確信犯らしい。
「外で待たしておいてくれ」と言われたらしく、事務の人が一応きをつかってコピー用紙と5色くらいのクレヨンをぽいと渡されて廊下に放置されていた。
その後すぐに予定がなかったので、声をかけてしばらく一緒に過ごす事にした。
クラスの中では静かだけれど、先生の言うことをしっかりきくタイプ。
最初は私が色々質問しても、そっけない感じで、私がいたら気を使うかなぁ、と思ったけれど
その子に目線をあわせ、ゆっくりゆっくり過ごした。しゃべらなかったので、私もとなりで絵を書き続けた。
そのうちに色々話してくれた。「私クラスではあんまりしゃべんないんだよね」とか「お父さんの仕事場に行くとスプレーで咳が出ちゃうし、お母さんのところにはついていけれないから、いくとこないんだよね」と。
そうなんだね、と聞きながらお絵描きを続け、
クラスでたくさん発言しなくても、しっかり理解していることを私も先生もわかっているよ、とか
○○だから○○しなくちゃいけないことってないと思うよとか、話すことができた。
結局お父さんは迎えに来ずに2時間一緒に過ごして、すごく心が通い合えたなぁと思えたいい時間だった。
こういう時間が子どもひとりひとりに必要だということも実感したし
私が言葉がつたない、とか文化が違う、といってもできることって十分にあるんだなぁと感じた1日だった。

そのあと2週間あけて、3週目に今日久々にクラスに入った時、
その子が私の顔をみて、たたたっとロッカーに行って手紙を私にもってきてくれた。
Ms. ○○ I like you と書いてあった。
書いてくれたことはもちろん、たぶん私が次にいつくるかも把握できてなかったので、来たら渡そうとずっと持っててくれたんだなということがとても感動した。

子ども達も慣れてきているのもあり、私にひっついて来る子が何人も居る。
ただ甘いから、とかじゃなくて、何か私の愛情を感じてくれているんだろうなと思い
それだけでも心があたたかかくなる日だった。

そのあと教授陣とのランチ会。ランチ会の内容はかなり微妙だったけれど、その後、自分でおもいついた、サイン帳みたいなものに先生達に自分のモットーを書いてもらうというのをお願いできた。
1人目の先生を読んだだけで感動。結構この企画いいかも。手間と勇気がいるけれどなるだけ思い残すことなく集めよう。

そして大学のジムに行ってみた。
改装後なんとジャグジーができていたらしい。結構お金を払っているだけあって設備もよく、いつも利用したいと思いつつもその時間をワンちゃんと過ごしたいと思って1度もいってなかったんだよなぁ。
あと数週間ですが、活用します。先週食事をまともにしていなかったせいで、かなり痩せた。ここから順調にいい筋肉をつければすばらしいボディに。
色々できなかったことが、できているよワンちゃん。この時間をくれたんだよね。
ありがとう。
posted by r at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

今日はドツボ

明日から授業が4日間ない。
最後残すところ大きい課題もあまり不安はなく、気が緩みまくりな感じ。
できれば気が紛れるように忙しかった方がいいような。
それでもこなせなかった可能性もあるからこれでいいような。

2週ぶりのボランティア。
ああ、前回来た時は何でもなかった。Jもワンちゃんも居た。
久々に会う幼稚園生は私の事を見てうれしそうな顏をしてくれた。それだけでうれしい。
信頼してくれている、関係が築けているのは うれしいな。

そのあとチューター。これがうまくいかなかった。
スタートは良かった。しかし体育イベント後で疲れ切っている彼がだらけはじめ、
なんとか明日のテストで点をあげさせたい私が焦り、彼がすねてしまった。
私の強引さも普通の彼だったらわかって対応できたけれど、できなかった。
それになんとかこたえようと思ったけれど、自分の疲れを出してしまった自分が居た。
どうにもこうにもお互い動かなくなって、とりあえず3分目を閉じて見なさい、といったら
よっぽど疲れているらしく一瞬寝てしまった。
ああ、これは本当に疲れているんだなと思ったので、そこで終了。時間もせまっていたし。
何もできなかったから、今日はお金は要りませんというが、そういうわけにもいかず、疲れた彼を見送った。
とても後味悪い感じ。

なんとか気をとりなおして、帰って来て早めのご飯を食べた。
ん〜今日はダメだ。Jの事もワンちゃんの事もいいふうに考えられない。
そんな時もあるよな。仕方ない。

気分転換にとおもって動画をぶらぶらみるんだけれど、余計に感情が揺れてしまう気がする。
今日は早めに寝よう。
posted by r at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つれづれ思う事

昨晩なんかは、24時前に眠りつき今朝7時半まで一度も起きることなくぐっすりと。

すごいな。

ちょっと前にペットをなくした人が「もっと色々してあげればよかったと後悔ばかり」ということをいっていたけれど、その気持ちが全くなし。全力尽くした、後悔なし。

あと瞑想のところで教えられた、死にいく人々への悲しみというは自分の愛着からうまれるいわゆるエゴだという考えもとても役にたっている。
ワンちゃんは自由になっている、科学的にいえばもう何も感じない、だから私の悲しみはただの自己満足にすぎないので、誰も助けられない。

薄情な気持ちもあるし、もっとゆっくり少しずつ心を離して行きたい気分もあるけれど
あまりドツボにはまるとこの地で動けなくなりそうなので、今の私にはとてもいい状況なんだと思う。

昨日Kさんからカードをもらって、みたら、とにかくいっぱい泣いて、ワンちゃんの存在の重さを知って、ワンちゃんがしてくれたことに感謝して、そこから次の豊かな人生を歩んで行って欲しいというメッセージがあって、
私がしてあげたばかりな気分になっていたけれど、ワンちゃんが私のためにどれだけ頑張ったかということをあまり考えられてなかった気がする。
相思相愛だったから、お互いそれはわかっているつもりだったけれど、ワンちゃんを思い出す時、もっと感謝の気持ちも心にもとうと思った。

ながいながーい時間が経ったような気がするけれど、まだ3日目。
posted by r at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

ずぶとい私

人に話をするときは我慢できずに泣いてしまう。

思い出して、居ないんだなと確認する時はやはりずいずいとひきずられてしまう。

だけど今日は実に1週間ぶりに台所にたって、みそ汁を作り目玉焼きを焼いて食べた。
おいしかった。

そのあとも、宿題をやって、仕事にも行き、元気はないもののもうすでに普通の生活に戻っている。
もっと全然ダメかと思った。

たぶんJの事から始まっているから、必死に脳と体が回復しようとしているんだよな。
私本当にラッキーだ。ワンちゃんがそうしてくれたんだ。

そしてこだわりすぎていたJの事も、いや帰りにやっぱり寄って話をしたいとか考えていたけれど
今日はそのお金でハワイとかメキシコとか寄って帰ったら楽しいんじゃない?と思ったらぐんぐんパワーがみなぎってきた。
まだ未練はある。でも手に入らないものほしがったってしょうがない。手に入るとしても今は無理だ。
くらいに考えられるようになってきた。

すごいよ私。ちょっと自分でもひいちゃうくらいすごい。

ヤングは今日朝から出かけて忙しそうにしていたから、頑張っているな、すごいすごいと思ったけど
夜メールを見たら、なんと今日だけでワンちゃんの眠っている山に2回も行って、思い出の公園にも行ったみたいだ。
なんとも。。

私はワンちゃんが近くに、間違いなく自分の心に居ると感じられるんだけれど、それを言ったら「どうやっても感じられない」んだそうだ。
これも文化の違い、だろうなぁ。
何かしてあげたいけれど、何ができるかな。。

posted by r at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一夜明けて

昨日の夕方、気分転換に散歩に出ようと出てすぐのところで
大きな茶色い犬がぴょん、と出て来た。
この近所は1年毎日通っているのに見たのは初めて、
私が寄って行くと、ぴょんぴょんとはねてきて、私にすりより、お手を何回もして、顔をぺろぺろなめてくれた。
そしてまたたぶん飼われている家の庭に入って行った。
体が自由になったワンちゃんが自由に幸せになった姿を見せてくれたようだった。
思い込みが激しいと思われようとも、私にとっては奇跡以外の何ものでもない。

情報をアップすると、皆のやさしさにまた心にしみる。たかが犬って思うだろうけれど、私の悲しみを理解してくれることに感謝。

昨日はずっと思いつくまま言葉を書き残して、夜瞑想を30分しっかりしてばたんと寝込んだ。
そして一度も起きる事ないままものすごくぐっすり眠って朝目覚めた。
介護生活で心身ともに疲れ果てていたとはいえ、自分の強靭さにびっくり、たぶん隣のヤングは全然寝れてないんじゃないかなぁ。
私はこの日を何百回とも思い描いてきたからね。

日々のしみついていた行動に気付かされて、ワンちゃんの不在を確認し、心が動けなくなることもある。
それをでもネガティブスィッチにするのは簡単だ。今も考え始めればぐるぐると昨日の一連がめぐってくる。
だけどそれよりももっと元気で明るい思いを送って上げた方が、ワンちゃんも喜ぶんじゃないかなと思えるので。切り替えきりかえ。
今日もいい日になりますように。
posted by r at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

sad day

今日はたぶんどんでん返しにはならない、と思ったので昨日は床でワンちゃんと一緒に寝た。
夜中に起きて、興味を示してなかったおやつをくれと言ったり元気な様子もみせるんだけど
なんせ立てない、歩けない。
もう少し頑張ってみよう、とはいう気持ちになれなかった。

今日の講義では、今読んでいる本の著者とスカイプインタビューができるというとてもおもしろそうな日で
行くつもりだったんだけど、昨日の時点で断念し
ハードコピーで提出の課題だけでも授業前届けようかと思ったけれど、
自分もぎりぎりな感じで40分自転車をこぐ気力がなく、減点にならないように祈りながらEメールで提出。

予約が午前中になり、3人ででかけ、近くの公園で10分くらい時間をとった。
人前で泣くのにはたぶん抵抗があるヤングも今日は朝から全然ダメ。
しかも泣きながら「やめちゃおっか」とか言っちゃうくらい。

そして獣医さんに向かう。
裏口から入って指定された部屋に入ると、サロンのマッサージ部屋のような、証明がちょっと暗くて小さい水の置物があるような部屋に通された。

予約はとってあったんだけれど、結構待たされた。でもその分落ち着く時間ができてよかったかな。

お医者さんが入って来て、一通り説明する。死後は尿や便が出ますよ、とか目はあいたままかもしれませんよ、とか鳴き声をあげるかもしれませんが、それは死後反応の一部ですよ、とか。

そしてその次にテクニシャンと呼ばれる人が入って来て、静脈確保をする。
なぜドクターでくてこの人がやるのかは謎。専門員って感じだった。

そしてその人が出て行くと、そのカテーテルにお医者さんが致死量の麻酔を注射した。

お医者さんが入って来た時点でもうものすごく興奮して怒って吠え続けたワンちゃん。
ヤングが頭を押さえて、薬が入るとものの30秒で意識を失ってしまった。

あっという間。

私が比較的冷静なのに対してヤングは子どものような言葉を繰り返して取り乱していた。
愛するワンちゃんの死を決定した者とされた者の違いだかなぁとちょっと思った。

そしてまた驚きなのが、薬が入って、くたっとなって、それまた30秒後にもうヤングは連れて行こうとする。
私が「え、ちょっと待って、もう行くの?」と言ったら「一刻も早く出たいということだった」
それこそ息の根がまだ残ってそうなうちに。シーツでぐるぐるに包んでもう顏も見えない。

その後も車に乗るときに後部座席にワンちゃんと一緒にのって、なで続けている私をみて、とても違和感を感じている様子だった。

家に帰ってこの後はヤング1人で山に埋めに行く予定だったので、
庭の花をもっていってもらおうとすると、とにかく一刻も早くここを出たいと。
その心理がよくわからなんあ。

そして、本当に一人で大丈夫?ときくと、やっぱり来て欲しい、というのでついていくことにした。
まぁ仕方ないよね。
ワンちゃんが行きているうちはワンちゃんのために最善をと意見をとおしたけれど、いなくなった今自分の意見はあまりない。

そしてついていって、これは驚いたのだがあらかじめ用意してあった穴に埋める。かなり浅い気がしたが、何も言わない。
この間処置をしてから40分くらいだろうか。大型犬だけあって、まだとってもあたたかいしやわらかい。
日本の感覚だと、まず処置後冷たくなるまで一緒に居る。そして家につれてかえってしばらく置く。そのあと埋めるなので、本当に生気が残っているところをばんばん埋めて早く去りたい、というモードに驚いた。
抵抗がないと言ったらうそになるけれど、これもありかもと思えた。
魂というものがあるなら、もうそこから自由に動けるんだもんね。

帰りにコーヒーを買い、家に帰って庭で一杯飲んだ。

そしてワンちゃんベッドや食器の片付けをすぐする。おきっぱなしでもすぐなくなっても私は構わないのだが、ヤングは徹底的になくしたい主義らしい。すごくたくさんあると思ったけれど、意外とすぐ片付いてしまい。何もすることがなくなってしまった。今日は宿題もする気分じゃないし。

まだ現実を良く受け入れてないのかもしれないけれど、
今は喪失感よりも解放感のが強い。つらそうだったワンちゃんが自由になれたんだなと心から思える。
自分もこの覚悟しなければいけない日をとうとう迎えてそこをのりこえた解放感なのかも。
空っぽになったベッドのあるところを見ても、まだ何も感じない。
このまま出かけて誰かと話したいなと思ってKさんに声をかけてみるが、返信がないので家に居ることになるかな。
ヤングは全然ダメみたい。15年、私の5倍だもんな。

そうこういっても私も思い出すとダメになっちゃうから、今ブログを書いて冷静になっているところ。

色々な思いもあるのでそれは別便で書き留めます。


posted by r at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

最後の夜

ヤングに提案された月曜案を断ることはできる。
たまに目覚めてしっかりこっちを見たり、食べ物を食べたりしているところを見るととてもできない、と思うが
その他の時間、ただ昏睡に近い状態で寝ている。
今は自分で歩けない、トイレも行けない、ご飯もほとんどのものがおいしく食べられないというのを見ていると、この子が生きている喜びって本当にわずかなんだなとも思う。
境界線を越えて、苦しみだしてから処置をするよりも今のうちに苦しむ時間を与えないというのが賢明なのかもしれない、と自分でも驚くような考えになってきた。
夜中にトイレに行きたくておきても、私だと抱く時の安定感がないのかトイレにいけない。
昨日は起き上がった途端に倒れていた。大型犬だからそのうちケガをするかもしれない。
結局今は全てヤングがやっている状態。私に決める権利はない。
今朝オッケーを出す。

明日は夕方仕事がある。そのときを見てから仕事ができるかというとさすがに自信がないので、かわってもらうことにした。
ラッキーな事に、今週はほとんどぼーっとしていてもやり過ごせそうだ。

いったん断ったものの、Tさんと一緒にハッピーアワーズに行ってもらった。
これまた最後の日に置いてのみに行くなんて、と自分でもつっこみたくなるんだけれど、
眠っているワンちゃんの脇で泣いていることは、誰のためにもならない。
そして私が居ると私の部屋にしかいたがらないので、留守にしてヤングとの時間を作ってあげるためもある。

Tさんいつも結構おちゃらけているので、今日も言って傷ついたらどうしようと思ったけど
意外ときちんとだまってきいてくれて、なんていい人なんだと思った。
食べていないということを話すと、じゃあレストランに行こう、いや自分の家で飲もう、夏休みはたくさん遊びましょう!と色々提案してくれて、本当にうれしかった。

2時間半笑っておしゃべりしたんだけれど、最後はやっぱり涙になって家に帰る。
愛しい愛しいワンちゃん。

結構冷静にしているかも。もう何度も泣き過ぎて次が現実とは思えない、というか。

でもきっと明日は現実。
ワンちゃんにとってベストに物事がすすみますように。




posted by r at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

波と戦う

前日寝不足だったので昨日の晩は良く眠れた。
しかし夢に2回くらいJが出て来て、ストレスを抱えて目覚める。

まだ1週間たってないのに「いやよかったんじゃない?」と思う瞬間が出来つつあるからよし。
それでも、、と気になってしまうけれど、ふりはらう強さも数日間維持できている。

これはここで生死をさまようワンちゃんがいるおかげもある。

卒業までがんばって応援してね、と3年間語り続けていて、今まさに卒業を迎えてほっとして旅立とうとしているのかなと。あまり負担をかけないように、卒業より早めに。でもJの事があるからそれを乗り越えられるように、引っ張ってくれているのかと。そう思うと泣けるし、頑張らなくちゃと思える。

今日はいつも誘ってくれる家主のMと午前中数時間だけハイキングに行って来た。
20くらい違うんだけど、お母さんではなくお友達な感じ。不思議と会話があう。向こうはもちろんあわせてくれると思うけれど。行こうという気分ではなかったけれど、無理やりいってみた。
行ってみたらやっぱりよかった。

ヤングが、月曜にワンちゃんをつれていくのはどうか、考えてくれと行って来た。
今週の山をこえてから、ほとんど歩けないし起きられないときもあるけれど、意識は結構しっかりしていて私をずっと追って来るのを見ると、苦しんでいないならそこまでは居させてあげたいと思うけれど。

覚悟はできている。
いざ一人に成った時どれだけ衝撃があるのかはわからないけれど。
今日か、明日か、ではこれが最後の○○なのかと気持ちとの戦いにも疲れは隠せない。
本当に色々教えてくれている。
posted by r at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

チャレンジ

今日か、明日か、またワンちゃんとの別れを迎えなければいけないかと思うと疲れた脳がさらにだるくなる感じ。

加え、Jの事はとにかく考えるのも6月最初までお預け!と決めたのに、FBでいらん情報をチェックしたりしては悶々と、なぜ?これはどういう意味?みたいなことを考え続けてしまう。

いつの間にか中心になってしまったイベント、最後の最後までものすごく色々あって、
日本で言うところの「ありえない」の連続だった。

最後まで頑張ろうと思っていたところに、今週の騒動で投げ出そうかと思ったけれど、辛うじていくことができた。精一杯やったつもりでいたけれど、いけてる時の私だったらもっとちゃんとできたな。

何より、良い顔してやっていただろうか。
最後の最後になって自分の器の小ささを感じる事が多すぎて自信喪失。
総じてすごく学べた経験だった。

昨日の晩は疲れているのに全然寝付けない。明け方になって2時間くらい寝て、
先週もキャンセルしたボランティアをまたキャンセルしてしまった。

代打で入ったバイトはなんとか行く事に。
その後のエクストラクレジットが稼げる講義はどうしよう、、行った方がいい、よな。。
昨日から全然勉強に手を付けていない。少し余裕のあるスケジュールになったといえど、これからワンちゃんの事でどうなっていくかわからないので、きちんと進めないと。


そんな中で卒業を控えてパラパラ大学からメールが届き、卒業式に成績優秀者だけつけられる○○の案内が届く。
特にうれしかったのが、トップ5%の成績みたいだ。どこまでのくくりでのトップ5%かわからないが、一番せまくてても教育学部の100人中の上位5位ということになる。
アジア人はいい成績をとることにこだわりすぎ、、の典型型なんだけど
それでも、この何も知らなかった大学の勉強生活に第二言語でとりくんで、ここまでできたことは本当に誇らしい。
最後まで、がんばれ!思い切り学びなさいという事だろうな。週末がんばるぞ。


posted by r at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

最後の日 リハ?

Jの訳わからない突然のお別れ宣言にふりまわされていたけれど、
1日ずつワンちゃんは衰えている。

昨日仕事に行く前にヤングに「今日連れていく=行かせるかも」と言われて
その道中で大泣きして、
でも結局それが延期になって、うれしかったけれど 状態がよくなったわけじゃなくて。

ドッグフードはもちろん、どんなジャンクフードも食べないようになってきてた。


今朝学校から帰って来たらヤングが「決めた」といってきた。
私はお昼の2時間しか家に居られないので、ずっとワンちゃんの側で話をして、「行って来るね、また後でね」と伝えて出かけた。

私が仕事に行っているうちに、ヤングがワンちゃんを連れ出した。ワンちゃんが最後怯えず苦しまないように、自分の手で下し、その後近くの山に埋めるらしい。

日本人の私としては、見送るのももちろん、その後の姿も会って別れを胸に刻みたかったけれど
やはり最後はヤングの決断を尊重した。不思議と最後の最後で意見が異なることはなかった。
自分で呼吸をやめるまでベストを尽くしたいという私と、衰えていく姿はみたくないというヤングでもっと最後はつらいかと思ったけれど、私が驚くほどの状態まで引き延ばした。

仕事場でわりと淡々とこなして、帰り途中も「もしかして気を変えたかも」と思って
今も「いやもしかして気を変えたかも」というような感じなので。
ワンちゃんの食器などもすっと片付けたりしていて自分でも驚き。

実感がなさすぎ、、


============================
とここまで書いていたら、
ヤングがなんと「できなかった」と帰って来た。

連れて来てもいいか、もしも気持ちの整理ができてなかったら別の所に過ごすということ。

もう体中のエネルギー全部使っちゃって、また明日さよなら言えないよ。
そしてだからってワンちゃんがそこに居るってわかっているのに他に連れてってともいえない。

たしかにヤングが言うように調子は良さそうだけれど、一時的なものだってわかっているからなんとも。。

しかし今日もかなりお疲れで心身ともに朦朧としているけれど、実感があれだけわかなかったのって
直感でわかっていたのかな。

Jの浮気?もわかってしまったしこのごろ私冴え過ぎ。

でも本当に疲れている。
月ようから食事らしい食事はしていないし、睡眠時間も3−4時間。
私らしからぬうっかりミスが連続の一日だった。

ワンちゃんが側にもう一日いてくれるのがうれしい。

posted by r at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

落ち着くために

色々落ち着くために書いています。

朝10時の授業に出るために9時半には出なくちゃいけないんだけれど、
Jのメールを見たのが6時、気持ちが整理できなくって
ぎりぎりぎまで行くのをどうしようか悩んだ。
今日休んでも減点にはならないし、行ったって全然集中できないし
最後の最後にギリギリまでまよって、行くのやめた、と思った先にまったく動かないワンちゃんをみて、
いや、この子が危篤の時に休めるように今行かなくちゃと遅刻覚悟で出かけた。

いや〜全然集中できなかった。
個別グループ話し合いの時に先生が同席してくれて、次の課題を見てくれたんだけれど
全くきこえなかった。
途中退席したいけれど、それもできずに最後までいる。
そしてふと携帯に目をやるとヤングからのメール
「この数日で犬を見送ることになるかもしれないから覚悟して」

その後に話したAの前で涙がとまらなかった。

1日に大事な二人に別れを言わなければいけないなんて、なんでなの。

午後予定していたワークショップはキャンセルして家に帰ってくる。
瞑想をちょっとずつするとパニック状態の心が落ち着いた。
瞑想をやっていて本当によかったなと思う。前だったらとにかく気の済むまで泣いた。けどあれって無駄な感情の使い方だと思う。特に今自分で気持ちをもっていかなければいけない課題がたくさんあるので、冷静にならなくてはいけない。

仕事していた時は、仕事で紛れたけれど、自分で動かなくちゃ行けない今は結構大変。

そうこうしているうちにヤングが仕事に連れて出かけていたワンちゃんがかえってきて、決して状態は良くはないんだけれど、今日明日ではなさそうということがわかる。

自分が正気に戻ったうちにと2時間くらいがんばって今日やっておきたいペーパーに取り組む。

ほっと一息。

朝から何も食べてないのでブルーベリーを食べ、夕方になったのでワインを飲み始めた。
依存にならないよう気をつけなくては。まじで。

悪い事が二つ重なってどん底なんだけど二つあるから気が紛れる、というかなんというか。

がんばれ!アタシ!










posted by r at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピード失恋

ちょうど昨日Jの事を書いていて、
少し疎遠に感じた週末だけどまた週明けちゃんとメッセージが来たからよかった。と思っていたら
今朝定期便のメールを開くと
「他の誰かとつきあうことになった」と。

えええええ!

やっぱりね!といやなんで!という気持ちが交錯して
朝起きぬけワンちゃんを抱いてトイレに連れて行く手が震えてしまった。

やっぱりね、の方は微妙だけれど彼の気持ちの変化に気付いた事にやっぱりねと
遠距離からスタートで続くのは難しいだろうのやっぱり

どうして、というのは、そいういうのも承知でやりとりを始めて
この4ヶ月間かなり忍耐強さを見せていた彼がこんなに簡単に心変わりとは。

彼が手放しで好意を示してくれたにもかかわらず
日本での仕事をあきらめられないから最低は1−2年働きたいと煮え切らなかったし
もっと二人で会う時間を早めればできたけれど、ワンちゃんを理由に先延ばしにしていたのも私
そういう私の積極的でない態度が彼の情熱を失くしたんだろうな。
私はそんな中ちょっとずつ好意を増やしていたというなんとも悲しい展開な。

会うまでつきあうという形にはしないでおこうと言ったのは私なんだけど
海をこえて、つきあいを始めたいと思ったのは彼なんだから、それなりのコミットメントがあると思っていたんだけれど、いとも簡単に。
まぁ、それまでの人って事だよね。

自分が思い描いてきたこれからと彼との人生はかなり違うもので
その違いもいいと思っていたけれど、ここは自分が見て来た道を強く進め、という神の声がきこるような気もする。

あまりに突然過ぎる別れに一気にやられてつらい。
けど、たぶん回復も早いかも。

ふりむいたらワンちゃんが居て、もしかしたらここまで一緒に居てくれようと頑張ってくれてたのかなぁと思ったら玉砕って感じ。

授業には頑張っていってくるかね。




posted by r at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

もっと書き残したいんだけど

いやいや、4月の日記2件だって。
色々あったんだけどなぁ。
やっぱり書く気になれない気分が続いている。

まずワンちゃん、毎日いるから自然にみえるけれどすごくはっきりと色々ができなくなってきている。
ご飯ももう定期的には食べられない。もうなんでも食べれるものはあげていいとヤングが言ったので、
人間の食べるおいしいものをあげているけれどそれも食べられないときがある。
例によってヤングといつか大げんかしたんだけれど、その中の会話で7月末まではもたないだろうということを言っていた。いよいよかという気持ちと、みとってあげられそうでホッとした気持ちと。
しかし手はかかるし完全に介護疲れといった感じ。

勉強の方は大変ながらも順調にこなしている感じ。
ひとつ去年もやったイベントを今年もやることになって、まぁここはがんばろうと思って主になって動いているんだけれど、これがものすごくストレス。
学生相手にがっかりさせられることは想定内。しかし結構信頼している先生とも誤解が生じたり
なんで私は好きでもないのにこんなことをやっているのか、とかなり今週は追いつめられた。
でも色々考えて「みんなのためにやってあげている」という傲慢な気持ちがあるから不満がうまれるんだなぁということにも気づき、ぐっとこらえて最後までやりぬこうと誓う。いい経験になるはずだ。

それからJと。
今週はストレスがたまりまくりで、気がつけばメールも自分の愚痴ばかりになっていたような気がする。
それだけ彼に頼っていて、週末のスカイプを楽しみにしていたんだけれど
彼の都合で今週はなしになる。
結構ショック。そしてふと気付くと最近の彼の言葉とかメールの頻度とかが淡白になっているような気がして
気になりだしたらとまらなかった。
1週前くらいは自分がいっぱいいっぱいで、少しメールやメッセージの回数を減らすように提案しようかと思っていたくらいなのに。
それだけ自分が今不安定なんだろうなぁと気付く。
うまくいったとしても遠距離1年は大変だろうなぁということも思う。

昨日の夜と今朝、ちょっとだけど久々に瞑想した。
やっぱりやるといいな。できるだけ続けよう。
posted by r at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

なんとなく気が向かなくて

忙しさはそうでもないんだけれど、なんとなく日記を書く気になれないな、と思っていたら2週間も経っていた。
2教科のうち1教科はかなり微妙、こなせばできる感じなので助かるけれど最後にこういう授業はとりたくなかったな。もう1教科はとてもいい。結構やさしい先生だからと油断していたら課題がかなりハード、読み物もかなりハード、でも真剣に向き合うと心にぐぐぐと来る。
2教科で時間ももてあましているので通常の倍くらい時間をかけているかも。

婦人科に行ったり、卒業後の仕事やビザのことをちょっと調べて
おおよそ心がかたまってきた。
しかしそこに加えてワンちゃんの状態が非常に悪い時もあり、私の出発までもたないだろうという考えで決まりつつあるんだけれど、目の前に状態が悪くなったり良くなったりするワンちゃんが居て決断ができない。
だから日記も書く気がしなかったんだろうなぁ。
飛行機はもう1ヶ月くらい待ってもよさそうだから一応心に決めて様子見といったところか。

1日1日、大事に過ごそう。
そしてワンちゃんの事ばかりみずに最後の学生生活、この街での暮らしも大事に過ごしたいと思う。
posted by r at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする