2015年07月15日

顔を見せに

20年来のホストファミリーに会いに小旅行。
犬が旅立ってからやっと飛行機を調べ始めたらとてつもない料金で
これは、、と思って放っておいた。

しかし少し心がだんだん復帰してきたときに、このタイミングで会いに行く事がとても大事だということに気付いた。今の私にははっきり行って遠い存在だから、プライオリティが低かったんだけれど、今の私があるのは20年前の彼らとのいい経験があったからこそ。そして今も変わらず私の事を思ってくれる人達で、これから会える機会はとても限られている。と考えてその頃破格になっていたチケットをとった。

地元に居ても忙しかったし、やりたいこともまだたくさんあったし
出発するときはあまり気乗りがしなかった。
でも私をよく知っているAや優しい旦那さんのT に会えばすぐ楽しくなるだろうと思って1日かけての旅行。

大きくなった子ども達。相変わらずのAとT。
両方ともバリバリのキャリア、高収入、しかし家の中は驚くほど煩雑。
今私が求めている行き方とは正反対のところにありそうな考え方が多い。
だからびっくりするが、改めて考えさせられることがあってとても興味深い。

昼間は子ども達も学校に行くし、二人も仕事にいってしまうので
少しだけ家の片付けをして、あとは日記をつけたりメールをしたり、
朝は久々に寝坊して疲れがとれた感じ。1週間の短い滞在。いい思い出を作ろう。
posted by r at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

偶然を自分の力に

土曜日 Kさんとイベントへ
毎夏開催されるこのイベントはかなり有名で前から興味があったのだけれど
いつもこの時期は日本に帰っていたのでチャンスを逃していた。

最後いざ!ということで期待いっぱいで出かけたけれど
とってもとっても楽しかった。私の大好きな世界。
そしてしばらく女子会もできてなかったKさんとゆっくり時間をもつこともうれしかった。

街にかえって、KとTさんと合流。
おいしいタコスを食べて、それから「カラオケへ行こう!」ともりあがったが結局はバーに行ってビリヤードをした。そんなに好きではないイメージだったけれど4セットくらいしたのかな。おもしろかった。


長い時間かけて4杯しか飲んでないのに翌日はわりとしっかり二日酔い。
むー、だるい体と心をひきずりながら、図書館に本を返しにいって、ジムで一汗。
二日酔いでジムって、、と思ったけれど、最後ジャグジーをあがる頃にはすっきりしていた。

4時に元ルームメイトの新人君ことDと待ち合わせ。
帰国する私のために、忙しいスケジュールの中1時間ドライブして会いにきてくれた。
瞑想を紹介してくれたDで、まだ一回もその後話をしていなかったので話がもりあがるもりあがる。
瞑想以外にも視点が似ているのでDはとってもおだやかでやさしい人なので話していて本当に気が楽だった。
唯一ヤングとワンちゃんの事も良く知っている人なので
ワンちゃんの旅立ちに際しての一連のことをきいてもらって、楽になったな。

Dと話していると偶然はやっぱり必然なんだよな、という話題が結構出てきた。
特に最近「な、なんでこれが今起きるの!」ということがとても多い。
それをスーパーパワー、という方向にもっていくのには違和感を感じるが
それが多くなってきているということには違いを感じている。
Yのブログに「起こることはすべて中立で理由をつけるのは自分」というような内容がかいてあって
なるほどなぁと思ったんだけれど
自分の感覚が研ぎすまされているから物事を関連づけてとらえられ、結果偶然が多いと感じるんだろうなぁと
そうやって行った方が自分の人生がより意味のあるものになるし、感謝できるようになるだろうから
とってもいい方向だと思う。

posted by r at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

お買い物

木曜はまたKさん宅泊でペットシッター。
Kさん達が一泊留守をするとういことでかって出た。
慣れない場所だし、寝不足になっているのはわかっていたが
仲良くなってきたワンちゃんといい時間を過ごしたいなというのと
お世話になっているKさん達がお出かけも安心してできるだろうというのと。

朝5時半起きなのに1時間毎目覚めるという予想通りの結果だったけれど
ちゃんと30分ワンちゃんの散歩して出発。

バスに乗って2時間のところのアウトレットへ。
仕事用のスーツなど購入予定。
とにかく安い。アウトレット価格に加え、なんだかわからないけれどさらに○%オフがふつうにあるし
日本の3分の一4分の一で買う事ができる、しかも消費税なし。。
3年間忘れていたショッピング欲炸裂。
しかしお金を使い慣れていないのでなかなかかえない。
そして一番買いたかったスーツだけれど、デザイン&サイズがあうものが全然なくって
最後に「これか!」とようやくさがしたものは、よく考えたら同じようなものがあったはず。。
ということでスーツ関係は全然かえなかった。

トップス2着、ジーンズ1本、部屋着1個、サングラス、ピアス。

毎日ジャグジーで使っている水着がもうやぶけてきていて水着も欲しかったがいいものに出会えなかった。こっちのは布切れみたいな感じで試着すると悲しくなっちゃう。

帰りは出かけていたK夫妻に立ち寄ってピックアップしてもらう。
それもあって昨日はペットシッターしたんだったな。
寝不足だったし、買い物で使っていないところの脳みそ使って、とてもとても疲れた。

明日もあさっても予定があるし、その後1週間旅行、かえってきて数日で手術。とちょっと辟易しそうなスケジュール。最後の一ヶ月で本をたくさん読もうと思ったのに読めてないし。最後に大事な人達にカードを送りたいのにそれも全然進んでないし。

加えて日本でのアパートさがしが手間がかかる。
見ているだけで疲れてしまう。早く決まれ。

posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

積極的な私

出発を前に、色々な人に声をかけて会う約束をしている。
荷造りやアパートさがしなどやることもりだくさんだから自分の時間が欲しいのも山々。
よく考えて、でも会っておきたいなと思う人には自分の気分があがっている時にえいと動いてアレンジ。

一昨日は日本人5人で集まったんだけれど、これがとってもおもしろかった。
日本に居る時の飲みのノリ。おかげで少々飲み過ぎたけれど、笑って楽しかったなぁ。。
私の卒業ガウンをY君にたくすことができた。

昨日は割と親しくしていた先生とお茶。
卒業式の時に写真が一緒にとれなかったので、夏もオフィスに居るなら会いに行きますと思いきってメールしたら、ではお茶でも飲みましょうと。
Aも誘ってすごくもりあがって話ができた。
最後先生と二人だけになったときに、自分の年齢の事とか、留学に至った経緯とか、話すことができてよかったなぁと思っている。先生も「なるほどね〜」(だからこういう意見を言ったりしっかりしてたのね)という感じだった。
そして話している時に、「お願いがあるんだけど」と。
先生が大学での昇進に際し生徒として推薦状を書いて欲しいと言われた。留学生として多様性をというのももちろんだけれど、そんな大事なものができると思ってもらった信頼関係がうれしいし、私たちの事を本当に評価してくているんだとわかって本当に本当にうれしかった。

お世話になった人には面倒くさがらず、ありがとうというメッセージを伝えに行きたいなとあらためて思った。
posted by r at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

家に帰る

日曜は夕方しか予定がなかったので1日パソコンに向かってハワイ旅行計画
メールを返したり
あっという間に時間は過ぎる

夕方はワンちゃんのお墓参りへ
四十九日を期に、始めてワンちゃんを埋めた山へつれていってもらう。
卒業式のコード、お花、ビスケットとおやつの骨をもって。
想定内だったのだけれど、それはもうあの日を思い出して泣くわ泣くわ。
ヤングの前で泣きたくないんだけれど、車を運転できるヤングとしか来れないので仕方ない。

悲しみはあふれるが、ふと我にかえり「平静を!」と心にとなえ
ワンちゃんが安らかに眠るように祈った。

後ろを見ると私のその姿を見て泣いているヤングの姿が。

うまくいえないんだけれど、私も悲しいし泣くがそれを前向きに先につなげるビジョンを最後に抱けるのだが
ヤングは悲しんで泣いてどっぷり浸かって出口がみえない感じがする。
早くヤングも先が見られるといいな。


月曜はお医者さんへ
そこまで頭が意識していないが全身麻酔の手術をするんだよなぁ。
正直今あんまり支障がないからパスしたい気分。
がこれから症状が悪化する可能性が高いのだから、ただで短期間でできるここでやっとかない手はない。

お昼はT先生と。素敵な先生。
両方の言語と文化をバランス良く理解していてかっこいいなぁといつも思う。
最後にこうやって忙しい中時間を作ってくれて、しかもごちそうまでしてもらっちゃった。
恐縮。でもとてもありがたい。

ペットシッターも今日が最後(今週飛び入りで一泊だけしそうだが)
動物達とも信頼関係が築けてきて、特にワンちゃんは気持ちが通い合っている感じがする
子犬らしく全身で四六時中愛情表現してくるもんだから、これ以上仲良くなっちゃうと今度はこのお別れがきつくなったりしそう。。
自分のワンちゃんの分も、と思って朝晩小一時間散歩をした。
結果睡眠時間が少なくなったりしてとてもハードだったが、楽しかったな。

昨日やっと帰って来て自分のベッドで寝たらなんと心地いいこと。
久々に6時間以上ねて超すっきり!

ハワイ後半の宿泊もおさえた。

日本のアパートさがしをしているんだけれど、お告げ通り難しい。。
希望ははっきりしている、がそれがはっきりしていていいところがない。
妥協するとしたら間取りと古さだよなぁ。


posted by r at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

落ちつかない日々

金曜はサイキックリーディングをしてもらって
これがまた道が見てすっきりしたけれど、覚悟したこともあって
どっと疲れたなぁ。
その日はなぜか3時過ぎからちょいちょい目覚めるし

今朝はゆっくり寝たかったんだけれど、ワンちゃんが目が会うとベッドに飛び込んで来る。
そして庭のニワトリが6時半過ぎても放っておくとずっと鳴き続ける。
大分慣れたものの、人の家だしこれだけの動物が居ると落ち着かないなぁ。
瞑想をとてもやりたいのに全然できないのも気になるところ。
まぁ後少しだ。

7月の予定を全部かきいれてみた。
あれちょっといつ荷造りするつもり?
家の掃除は?
もう個人的に誰かに会う計画は控えて、後は一斉だなぁ。。

ハワイの計画もたててない。っていうか後半の宿とってないし。
レンタカーおさえたほうがいいのか?

お世話になった人へのカード、プレゼント
日本へのおみやげ等、買うものもどんどん準備しなくては。

昨日は私のやった瞑想をテーマにしたドキュメンタリー映画を見た。
久々の映像、ひきこまれたが1時間でだいぶ疲れた。

今日は午前中マーケットに行った後Tさんとちょっとしたイベントへ。
すなおでいい子のTさんはついつい私の言葉ばかりきいてもらっちゃうな。
Tさんはしっかり考えがあるのに、いつも「だったらなぜその選択?」という進路な感じで、でも全てが経験となることだし長い目で見て彼女のやりたいことがきっと叶って行くんだろうなと思う。
多才だし、心やさしいし、色んな意味できれいだし、素敵だなぁといつも思う。

今回瞑想後、自分の暴食ぶりには驚くばかり。
前回の後はかなり食事量が減ったから、今回はもしかして夕飯ぬきの癖がつくかも?と思っていたが、
大量に食べてしまう。そして糖分もかなりとってしまう。
ストレスを抱えているのが自分でもよくわかる。
ジムが休日でしまっていてカロリー消費もそんなにしてないのになー。
まぁ焦らず。心落ち着けて。

posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

なぜこんなに忙しいのだ

朝は5時半から6時に目覚め、畑の水やりとワンちゃんの散歩。
ご飯を食べて、9時くらいには学校のジムへ。
最後ジャグジーに入ってしっかりシャワーをあびるまで2時間。

昼ご飯を食べる頃には猛暑がピーク。
さすがの私も弱気で、バスを乗り継いで移動。

夕飯は誰かと予定があり、4時間くらい。
帰ってワンちゃん散歩、水やり、ちょっとメールをチェックするともう夜11時過ぎ
慣れない場所なのでなかなか寝付けない。眠れるのは5時間くらい。
犬も猫も飼い主が居ない分すごく甘えてくるので、瞑想なんかできたもんではない。

さすがに疲れた。
ペットシッターが終われば楽か、というとそれなりに予定があって忙しそうだし
そしたらまた旅行だ。
帰ってきて数日して手術。
そして1週間なくて出発。
大丈夫なんだろうか。

疲れもあるせいで少し不安をやる気のなさを感じる。
ねよねよ。
posted by r at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

こんなに忙しい予定では

午前中は近くのショッピングモールへ。
あと数日で期限切れになるスーツ40%オフクーポンを持って行って
買う気満々で端から端までみるのだが。
ベーシックなものがとても少なくて結局トップス二つとジャケット一つ。
でもジャケットが結構よくって、これで半額近くはかなりお買い得じゃない?とほくほくだったのに、
最後の最後の会計で「あ、これは対象外ですね」って。
試着した時にも「対象かチェックして下さい」と行ったのに
会計でクーポンをスキャンしてみないとわからないと言われ、いざレジでオフにならないとわかると、商品展示のところにブランド名を確認しにいって「だめですね」って。
買う気満々だったのにテンション落ちる。
それでも円高も考えたり消費税も考えたりすると断然お得なんだけれど、ちょっと店員さんの態度も気持ちよくなくて買う気になれなかった。

午後はジムに。100ドルはらってあと1ヶ月分延長する。
100ドルも払ったからしっかり通うぞ〜。

帰って来て夕飯食べて、FBに投稿したときにもらったコメントに返信を一人一人しているのだけれど、これがものすごく時間がかかる。個人メッセージだから相手も返信くれてまたその返信、、としているとなかなか先にすすまない。もう2週間も経つってのにまだ半分も終わらない。

出発する前に会っておきたい人に連絡とって、予定をたててというのも時間かかるし
とっくに寝たい時間過ぎているし〜。
明日からペットシッターも始まるし。思ったより忙しい日々になりそう。

それから、投稿の返事はコメントくれた順にしていってるんだけれど、Jもコメントしてくれていて、気合いをいれて返信した。色々話したいこともある、でもネガティブな言葉は送りたくないし、かといって、完全ふっきれたように伝えて彼の新しいロマンスの事をきくのもまだ避けたい。何回か書き直して、結局明るい内容だけれど、こちらの詳しい様子は伝えないように送った。
そしたらすぐに返事がきて、「昨日メール送ろうと思ってたところなんだよね。瞑想どうだった?この後どうするの?仕事の方の話はどうなった?こっちは今ランチだよ。僕の分までビール飲んで」と。
彼は彼なりに優しさと思いやりをあらわしているんだろうな。
今までもそういったってメールの関係だったんだから、今までのように深い話もメールでして励まし合ったりできると思う。だけど、彼にはその他に特別な相手がいるっていうシチュエーション。受け入れるも受け入れないも、どうとらえるかも私次第なんだよね。

今更悩まず寝よ。
posted by r at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

無事帰って来て

卒業式の日にもかきとめたいことがあったけれど、仕事のブログやソーシャルメディアに書き込んだら気がすんでしまったのとばたばたしていてそのまま。

翌々日は朝3時起きで出かけて今に至るということもあって、かなりあいてしまったけれど書き留めたいことはたくさんある。

とりあえず合宿から帰って来た。
今回は特記すべきことは

瞑想はテクニックであり上達する、今回そこはあまり期待していなかったけれど変化があった。
前回精神的に学んだことはかなりこの半年の力になっていた。
しかし忘れていたことも驚くほど多い。

前回はワンちゃんとのこれから起こるワンちゃんとの死別をどうやって受け入れ乗り越えるかということが焦点だった。
今回はそこはどうすればいいかわかったがそれでも辛い時にやっていく力。
自分のやりたいことを見据える力。
ふとしたことでやってくる弱い自分をどうするか、だったかなぁ。
同じ内容だけれどそこに集中しているので自分が学ぶ事も違う。

2回目ということでかなり自分に余裕があった。
しかし瞑想自体は苦しみが大きかった気がする。前回は始めての経験ということで舞い上がってこなした部分がおおかったけれど、今回は日々起こることはわかっている分、瞑想自体に集中できた結果だと思う。

具体的に考えたことや起こったことはまた明日以降記すとして。

今日は午後に帰ってこれたので、洗濯とシャワーをしてからK夫妻のお家へ。
気のしれている誰かに会って少しでも話をしてリラックしたかったのもあるし
残り少ない時間を大事に過ごしたいというのもあり。

あんまりたくさん食べれないし、肉もなぁと思っていたけれど
おいしくてたくさん食べた。ほんとうにKさんの料理はおいしい。

瞑想中やりたいことがあふれてあふれて仕方なかったんだけど
今はちょっと脳が疲れた感じ。無理もないか。

明日は半日家に居れるのでゆっくりまとめられるといいな。
posted by r at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

Day11 午前中

朝お掃除をして出発。
今回自分が思い出したことの一つに「人の嫌がることをやる」
日本の小学校とかでは教えてくれたような。
たとえばトイレ掃除とか面倒臭い仕事とか、そういうことをするといいってあれは、自分の心をきれいにするというのは仏教の教えだったんだな。
あればもちろんやるけれど、自分から進んでってのはあまりしていなかったなということに気付かされる。
コース中2回目以降の生徒は掃除に参加できて、希望をリストに書き込むようになっているんだけれど、トイレ掃除だけ人気なかった。抵抗あるよねぇ特に西洋の人は。
なので思いきってやってみることにした。最初は気がすすまないけれど、やはり終わると少し特別なことをしたような爽快感がある。
最後のお掃除もトイレを希望してやってみたりした。

そして駅まで送ってくれるといったS。マッサージセラピストで今回初めてという彼女は、とてもコースが気に入ったようで、この話がよかったよね。とかすごくもりあがって駅まで行く。
駅の中まで一緒についてきてくれて、その時「今日は何するの?」と聞いたら
「うん、この時間中色々あってね。それについて家族と話をすると思う。実はこの期間中12歳の犬が死んでしまったの」
まず衝撃で涙が出てきてしまった。前回も今回も愛犬の死が大きなテーマだった私。もちろん乗り越えているが、なぜまたこんなにも似た状況の人とコースの終わりに話すことになるんだろうと。コース中に愛犬が亡くなるってそうそうあることじゃないのに。
来る道中で彼女のあたたかい人柄はよくわかっているので、どれだけ大きなことなのか、彼女が悲しんだかを思うともう号泣もいいところって感じだった。悲しいのは彼女なはずなのに。
彼女はでもすごく落ち着いていて、覚悟はしていたし、いい亡くなり方だったようで本当にうれしく思う。とおだやかとも言える感じで話してくれた。
すごい、この人すごすぎる!
これも縁よね、私に学べといっているんだよなぁなんて思いながら、
少し話題をそらしてハワイに行ったことのあるということで細かくおすすめスポットをくれたりした。

最後まで意味ある時間だったなぁ。
ちょっとずつ心を落ち着けながら電車の外をしばしみて
たまったメールチェック。

仕事場から連絡が来ていて復帰後の条件が出ていた。
一応給与自体はわずかながら退職したときより上がっている。これはとても感謝すべきことだと思う。
ただ留学で使った貯金をまた元に戻すには足りない金額。まぁ春でみなおしということなので、きっちり仕事すればあがるでしょう。
以前は家賃をほとんど出してもらっていたのだけれど、改正でそれがなくなったとのこと。
これがかなり痛い。そうなると家賃の予算もぐっと下がるなぁ。
自分の生活はしっかりしたいから妥協はしたくないけれど、限られた予算でそれが叶うのか。
しかしコース上がりなので、あまり考えこまなくてすんだ。

前回はかなり下界に違和感をもったけれど、二度目だからなのかあまり気にならなかった。
なんか色々がやたら虹色なんだなぁと思ったら、そんなことがあったのね。

ソーシャルネットワークのプロフィールが大学関連の友達がそろってかわっていて、
どうしようかなぁ、なんかでも「アメリカですよ」って嫌味に見えたりするんだろうなと思いやめたのだが、
その後乗り換えの駅でバスを待っている虹色のマフラーを巻いているおばさんに、後ろのお兄さんが「そのマフラーいいね」と話しかけ、どうもきいていると彼はゲイなんだと思う。そして会話の中で「サポートしてくれてありがとう」ということを言っていた。
そうだよな。弱い立場の人達からは少しオーバーにみえてもサポートする姿勢を見せてくれる人がどれだけ心づつよいかということがわかり、すぐに私もプロフィール写真を変更した。
これについては日本に帰ってからもよく考えることになるだろう。

順調に時間通り到着。あとわずかな時間が残された我が家に帰る。
ヤングが居て迎え入れてくれた。
ヤングの部屋にはワンちゃんの写真が飾ってあり、そのままになっていたおもちゃやベッドも処分されていた。ヤングなりに進歩があった時間のようだな。
よかった。


posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

Day10

(たぶん全日は書けないけれど特に印象に残った日だけリトリート日記つけてます)

この日の朝の一斉瞑想後から、しゃべるのがオッケーになる。社会に適応していくために、色々が段々と解除される。
しゃべらないのは居心地いいので、できればこのままだまって居たいと思っていた私は前回本当にそのまま静かに過ごして、でも周りの人達がとってもいい人達で話すことで発見できたり刺激をもらったりすることが多かったので、今回はぐぐっと自分をプッシュして話すことに専念してみた。
食堂に行くと同室だったSが居た。顏をいつもよくみてなかったけれど、とにかくしゃべらない=冷たい印象だったけれど、なんとも笑顔の素敵なやさしい人だった。彼女は現在エクアドルに移住しているということもあってか私の英語を一度も聞き返さずに理解してくれるし、グループでわーっとなって私の話題が中断されることがあると、きちんとそれを覚えていてもう一回ふってくれる。
そんな彼女はこの研修4回目。毎日朝2時間瞑想。

今回は前回の半分の人数、女子は全部で40人。10日同じ敷地でいてみんな暇なのでメンバーはだいたい把握できるくらいになってくる。しかししゃべらないしアイコンタクトもできないからそれだけでみんな冷たく自分勝手な印象をうける。いざ話していいですよとなっても、ちょっと勇気が入る。
でも思いきって話しかけてみるとみんなほんとーにいい人。特にコース後ということもあるだろうけれど。
しかしその人を自分のイメージで判断せず話してしろうとすることってとっても大事だなと思って、これは留学中もすごく感じたことだった。ただ話すんじゃなくて自分の心を開いて、相手のことも興味をもってきく。そうすると向こうもたいてい同じようにして意味のある会話や出会いになってくる。
今回はその総決算という感じだった。

この日から夜軽い夕飯も出て、テーブルの近くの人達と楽しくおしゃべり。
このコースをやり遂げた人達だから当然皆さん超超やさしいしほがらか。

すっかり楽しくしてから夕方の一斉瞑想に入る。
翌日もう一回長い一斉瞑想があったんだけれど、この時はこれが最後かな?と思って挑んだった。
そしてこれが地獄だった。
猛暑がピークだったこの日。エアコンが入っているとはいえ、体に食べ物をいれ、人と話して体温がかなりあがってからホールに行ったのに、いつものように暑い毛布みたいのをかぶったら、開始直後から流れるような汗。
顏から汗が吹き出して、鼻と顎の先にしずくがたまるという。
しかし最後だから動きたくない、しかし暑いし、汗はぬぐいたいし、集中しても数秒ですぐまた戻ってしまうという繰り返しだった。
なんとか足や手をくずさずできたが、食べ物や人との接触がこんなにも心の状態を変えるということに驚いた。
瞑想上手になったつもりでいたけれど、いやまだまだあなた課題はたくさん、と思わせてくれるような印象的な座だった。

すごく心配していた帰りの車だけれど、奇跡的に同じ駅に行くというとてもいい感じの女性が名乗りでてくれてやっと心は落ち着く。
明日は4時起きだとわかっていたけれど、おしゃべりが解放されてから消灯時間をすぎてからもどこからか話し声がきこえ、それが気になって眠れなかった。でも寝不足はさほど気にならないことはわかっていたので、あまり焦らずベッドの中に居たかな。
posted by r at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

Day0はいつもおもしろい

出発の電車は5時半。ヤングが送ろうかと言ってくれたけどタクシーで行きますと丁寧にお断りし
ふと考えると歩けそうな距離。調べたら45分。距離も短いからタクシーもきっと安いけれど
これから運動ができない10日間だからちょうどいい、と思い3時半に起きて支度して出発。
日も出てないから暑くもないしちょうどよい感じで到着。
Wi-Fiがある電車だったので、いろいろすませなければいけないメールをしていたらあっという間にセンター最寄り駅に到着。

さてバスはどこだ、と歩き出すと駅脇のホームレスのおば(あ)さんに呼び止められ
「おまえコリアンか」
いえ日本人です。と答えると
「ジャップか」
そして、真珠湾攻撃について責められ、かと思ったら広島長崎があるからおあいこだなと言われ
これは何か試されているか?と思いながらバス停についてきいてみたら、今立っているところにバスが来るという。標識もなんにもないけれど、嘘でもなさそうな気がする、と思ってもう少しきいていると

「お前のスピリットはきれいだな」
あら、もしかしてこの人、人の心が読めるとか特別な力があったりしてと思って気をよくしてきいていたけれど、
その話はすぐ終わり
「福島はどうだ?なんですばらしい日本にこんなことが起こったんだ、こんなことはニューヨークやワシントンで起こればよかったんだ」とおいおい泣き出してしまった。
ああ、特別な力じゃなかったみたい。
話をきりあげようとすると
「お前マンゴー食うか」
サンフランシスコでは10ドルをもらい、今度はマンゴー。。
いやいや、いいですトイレ行ってきますと伝えなんとか切り抜ける。

無事バスに乗り次のバスの乗り換え地点までいくと、またバス停がない。
バス停名が「ウォルマート」になっているので、ウォルマートに入って入り口に立っていた愛想のいいおばさまにきいてみると、「えー!私コロラド出身なの、何もわからないの!」
ああそうですか、
入り口だからその他のスタッフやお客さんも出入りするので、その陽気なおばさまが通る人通る人にきくが、
その度におばさまが「私コロラド出身だから、何もわからないの!」と。
その情報リピートしなくても、、しかもよくきいていたらそこに来たのは10数年前らしいから
コロラド出身の下りは要らないんじゃないかと。
そうして数人にたずねて、それっぽいところが2カ所にしぼられ、その後も聞き続けてやっとバスにのることができた。

はぁ、いつもセンターに行くまでは波瀾万丈だ。
かなり早くついたのでセンターの敷地内でゆっくり読書をしてオリエンテーションまで過ごす。
なんと今回はツイン部屋、各部屋にシャワートイレがあるし、寝るスペースはカーテンで区切ってある。
前回の12人部屋とは大違いで、ちょっとしたリゾート気分。

一度経験しているだけあって気持ちにかなり余裕があり、オリエンテーションの時もテーブルの人と落ち着いて話ができた。

9時半消灯、3時半に起きて小一時間歩き、その後も緊張の連続だったから、ほどよく疲れ、わりと早めに眠れた気がする。
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

卒業写真

式を前日に控え、卒業写真をとることにした。
こっちって超きめてポーズみたいな写真が多くて、そこまでかっこつけなくても、と思うのだが
せっかくだしきれいなキャンパスで記念に、と思って。
そしてお願いしたのはヤング。やっぱりうまいし。多分喜んでやってくれると思ったし。
ただもうヤングの前では素直に笑顔になれないので、A に一緒に来てもらうことにした。Aにもいい写真が残るから思い出になるかなと思って。
せっかく写真に残るから、と結構この日を意識した上でジム通いしていたのだが絞れたところはワンピースで隠れたいしてわからず、頑張った二の腕はなぜか全然うつりが悪かった。
まぁいいのだ。さすがヤング、良い写真たくさんとってくれた。

本当はワンちゃんの写真を抱いてとりたかったけれど、とっているところを想像しただけで涙が出てしまうという感じだったので、本当に残念だったがやめておいた。たぶんヤングに言ったら却下されるだろうし。
でもいくつかの写真はワンちゃんが足下に居ることを心にイメージしているようにした。

Aのおかげもあってとてもなごんだ雰囲気で時間は進み、とても楽しかった。
ヤングも楽しかったよう。色々あったけれど、最後にいい気持ちになってもらえてよかったな。


その後ジムに行って
夕飯はFと。
彼とはテキストのコミュニケーションが毎度うまくいかずに
今日も私がはっきり○○の前でね。って伝えたのに、なぜか完全無視で行く予定だったお店でビールを飲んでいたという。
約束の時間には当然あえずにどこに居るかきいても要を得ず、やりとりを見返そうともしない彼にちょっと辟易、というスタートだったが、その後はとてもいい時間が過ごせた。
そりゃあ人と人だから自分の思い通りにならないこともあると思うけれど、そういうことはすぐに忘れてその人と居る時間を楽しむように、ということをすごく感じた日だったな。
Fとは色々な話をした。学位のことや彼の夢についてや男女の関係について。
待ち合わせの時はなんでこんなにも違うのか!と思っていたのに、こんなに共感、共通することもあるんだなぁと。
男なんてこんなもんさ、と話をしている時に「だから君の今回のケースだって、君が劣ってるとか悪いとかそういうんじゃなくて近くに居る人がよくなっちゃうんだ」といってくれたときはうれしかったな。
それが真理かどうかは別としてもそういってくれる友達が居るだけでうれしい。

昨日Tさんと朝から夕方まで一緒に過ごした
恋愛対象にはならないならない、とずーと思っていたんだけどずっと居て、共通の出来事が増えてそれについて一緒に笑って考えているだけで、あ、この人とつきあうの想像できるかも、と一瞬だけでも思ってしまう自分が居た。Tさんとは別れてしまうけれど、ずっと近所に住んでたら、もしももしかしてそういう事になったり、少なくとも片方がそういう気持ちになったりするんだろうなぁと。
なんとなく今回のJの事、もう少しわかった気がした。

そうだ今朝Jからメールが来てたんだ。
彼らしい、丁寧でぬかりないメールだった。期待以上でも以下でもなくといった感じ。
朝メールみたときは、やっぱり心がざわざわしたけれど
考えてみても特に驚く内容でもないし、これ以上何を考えても仕方ないので、
私がメールに書いたように、私は私の力で輝かなくちゃ。

ワークショップの交通がもう少し楽だと思ったら最後どたばたして
結局当日発にはなったものの3時くらいに起きなくてはいけないのでは?という感じになった。
まぁ車中寝ればいいよね。

もう少しゆったりかなと思ったら出発までバタバタ。
帰って来たら少し落ち着くかな?

posted by r at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

帰国前生活

昨日は丸一日予定がない日だったので、1日がかりでバスにのってハイキングに行こうと思ったのだけれど、図書館から借りた本の整理とか、授業のノートの整理とか全く進んでなかったので、少しゆっくりしようと決め

午前中は先生達にカードを書いたり、要らないものを捨てたり机の上のものを整理した。
午後は途中ウィンドーショッピングしながらジムに行って
帰って簡単パスタを食べた。

卒業式、その後は瞑想
帰って来てからはペットシッター、小旅行&手術だぁ。
困ってしまうくらい暇かなぁと思ったけれど意外と忙しいのかも。

ゆっくり本を読めることもしばしない、と思ってたくさん欲張って借りるんだけれど
手をつけるのは日本語の本ばかり。英語の本はおいつかなくてそのまま返すことも。

ちょっと気が緩んでいるのか、食べる量も多いし、寝る時間、起きる時間が遅くなってきている。
瞑想に行けば全てリセットされるんだけれどそれに頼らずとも自分で節制できるようにならなくては。


posted by r at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

すべて終わり

期末課題は早々先週半ばに終わっていたものの、
まだ仕事もあったし、実習先の小学校にも通い続けていたし
結構忙しくて終わりという感覚がもてずにいたけれど、

今日最後の学校が終わり。いよいよ公の予定は卒業式だけとなった。
そしたら疲れがどっと出た。やっと終わったって感じがしている。

Mが誘ってくれたコミカレウーマンズセンターの卒業イベントにいってみたんだけれど
これがまた、私の終わりを祝福してくれるかのようにすばらしいものだった。
キーノートスピーチはじめて1分くらいで号泣。
しかし完全アウェイな存在でそんな勢いで泣いたらさすがに不審だ、と我慢を続けたけれど
もう自分の心にヒットヒットなイベントだった。
これなんだよなぁ。
フェミニズムを声たからかに言うのとはちょっと違って
女性はやっぱり女性として生きて来たことにとても影響を受けてきて、それを認識して自分らしく生きる、ということがその人の人生にとってとても意味があることなんだと思う。
はたから見たら、その人達はちょっと自分に酔っているんじゃない?と思われるかもしれないけれど
その人達の晴れ晴れとした顏がとてもよかった。自分と真剣に向き合ったからこその晴れやかな顔。
これ日本でやるのはすごく難しいけれど、できたらすごいよなぁ。

これも大家さんであるMとの出会い、そして私の最初のジェンダーの授業を教えてくれた先生との再会。
そしてMがどんどんそこのディレクターの人にも紹介してくれたりして、
もしかして、これがどんどん進んで行く道なのかも?と感じたりした。
せっかく時間があるから、これを題材にまずは目下の日本での仕事にどういかしていくか、ちゃんとアイディアをかためていこうと思う。

年明けから全くもやがかかってみえなかった出発前後を含めてこの1年が、しっかり見えて来た気がする。
posted by r at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

一区切り

この期に及んでという感じもしなくないが
昔からよくあたる星占いに、今回の騒動をぴたりとあてられ
好転を望むのであれば6月9日まで動くな、というアドバイスがあったので
実は私からJへの最後のメールを待っていたところもある。
もちろん当時感情に流された言動を慎むと言う点では理にかなっていたし。

本当は昨日メールを送ろうとしたんだけれど
いざその日が近づこうとすると億劫になる。
たぶんこれで最後っていうのがやだなんだろうね。
これまではそういっても6月○日まではとにかく頑張るっていう気持ちできたから。

しかし延ばしてもしょうがないこともわかっているので
今日空き時間ができたらメールをかいてしまおうと思っていた。
そしたらまたタイミングよくスカイプ予定のMさんがおくれてしまい、まるっと時間が空いた。

ちょうどスカイプをあけたら、一ヶ月前にJから来たメッセージが残っていて、
サプライズメールが来る十日前の日付で、ラブ満載だったんだよなぁ
そう考えるとまた納得できない気持ちや、除外されて悲しい気持ちがプレイバック。
今回びっくりだった。すごくへこたれたけど、仕方ない。と冷静に考察。

この日まで頭の中で何度も下書きしていたので時間はかからなかった。

心残りがある内容だ。だけど心残りがあるんだからそれは素直に伝えていいと思う。
だけど永遠にどうかわからない期待をして待つということではない。
ここで一区切り。もう考えない。

そしてJの幸せを願う、たとえそれが自分と一緒でなくてもそうであればそれがベストなのだと信じるという言葉を
きれいごとでなくそう心から思って
送信!
posted by r at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

体力ついてきた

土曜日
Kさん達とTさんとMさんも誘ってイベントへ。
最近はずっとKさん宅で集まることが多かったので、ちょっとイベント気分で皆浮かれたのかかなり飲み過ぎ
Kが何の罪もないT さんを責め続けたあげく途中退席、という事態になった。
私は前もみたことがあるのであまり驚かなかったんだけれど初体験でしかも矛先が自分にむいたTさんはショックだったのでは、、と。
最近自転車でいつも家まで送ってくれるんだけれど、もう一軒いきましょうといわれ
酔っぱらってたのでいいよ〜といったけれど、途中自転車ですっころぶは
帰りは1時だし、翌日久々の二日酔いだった。

翌日はFと夕飯&ハイキングの予定があり、この二日酔いで動きたくもない状態からどうやっていくか、と困ったのだけれど、まずは昼過ぎに仕事にいって、その後それでもジムにいって、ジャグジーに入ったら二日酔いはほぼなおって、
その後夕飯を食べたら元気になったので、がんがん登った。
ジム通いの効果が確実にあらわれていて、上りもストップすることなくいけるし、汗もかけるし
足だけでなく体幹の筋肉をつかっているのもわかりとても気分がよかった。
いつも一人で国立公園をキャンプしているFだったのでかなり上級者だと思っていたけれど、水ももってこないし、そうはいってもへたれレベルの私にもついてこれないくらいで、びっくりしてしまった。
私が勝手に期待したのもいけないが、地図も読めないし、思っていたのと全然違った。
それなのにリードしたがる、というのにちょっとイラっとしてしまい、
そんなことでイラっとするなって、と自分に何度もつっこみをいれた。
山登りのいいところはそんなに話をしなくても最後気持ちがつながるで、結果的には私もFも満足できたからよかったけれど、
Fの車にのっていったんだけれど、待ち合わせしたところに自転車をおいてきたので、そこまでつれてってというと、「こんな運動の後にまだ自転車で帰るって信じられない」と言われた。
体力がつくことってシンプルだけど自信につながるもんなんだな。

そしていい気になったので本日も朝からジム、一汗かいたあと実習先の学校へ。
最終学期は、指導法やカリキュラムに疑問をもつことも多く、見ていてストレスがたまるようなこともあったけれど、総合してとてもいい経験になった。
先生から、○さんの笑顔とスピリットはいつも子ども達にとっていいものだと思っていました。というとてもうれしいメッセージをもらった。そこって最近とても意識していたものなので。

色々が終わりつつ、残り一ヶ月半と少しのプランも見えて来た感じかな。
もう少し。
posted by r at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

連続記録更新中

朝からボランティアの一校へ。
こちらも残すところ後1回。2学期通うことで自分がお役にたてることも増えて来たし、学ぶことも深くみれるようになってきた。この子達もこのクラスはこれで最後で来年は1年生。
幼いながらにわかっているようで、今日も教室はざわざわしていたなぁ。

昼過ぎからAの募金活動お手伝い。
ほんとにもう、設営かげんが超いい加減だよなと思うんだけれど、それでも事っておこっていくんだということを彼女から学んだな。
あと、課題が全部終わっている私に比べ、彼女は何にも終わってないというのに丸一日かけて募金活動。
頭があがりません。

外はあっついなぁと思いながらなんとなくネットをチェックしてしまい、フェイスブックにて知らなくてもいいJの近況を知ってしまい。
後になって落ち着いて考えてみると、当然なんだけど
とてもその時はショックを受けて、募金活動はぼーっとすごした。

そのあとは先週からの講座に。かわいい本ができてこれで給料もらえるってすごい。

Tさんからメッセージが入って、飲みにいきませんか?ということだったので、
本当はジムに行く予定だったけれど、このやさぐれた気分を酒でまぎらわそう、と出かけたものの
行ったらTさん達はせいせい酔っぱらってこれから別のところに行くというので
だったら飲むのはやめてジムに行こうと。
数えてみたら15日連続とか。20日まではがんばるかな。
やりはじめは結構変化がみられたと思ったんだけれど、今日見たらあんまりだったな。期待しすぎか。
ヤングに卒業記念写真をとってもらうよていなので、それまで引き締め続けよう。

それで、ジムでもくもくと運動しているうちに気持ちも落ち着いて、
ようやくもうとにかく今はあきらめるしかないんだよなと考えた。
家にかえって、Jの投稿が流れてこない設定に。これは私としてはかなりの進歩。
もう一回メールは来週中に返す予定で居るが、そしたらどんどん心を離して行こう。

ありがたいことに、来週いっぱいも半分以上は予定がしっかり入っているので忙しくできる。
卒業式が終わったと思ったら瞑想だぁ。
posted by r at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

書く事 てんこもり

まずもって本日大学生活最後の授業が終わりました。
通常ここから最も苦しい期末週間が始まるのだが、早めに頑張って終わらせたので全て片付いている。
まだ学校でのボランティアもあるし
仕事もあるし
終わった課題を提出していないし、と解放感が全く感じられないんだけれど
本当に終わり。
実感っていつやってくるんだろうか。

今日は色々予定がたてこんでいて、ジム連続通いにストップがかかると思われたが
ここまで来ると根性で、朝の授業の前に行って一汗かいてジャグジーまでしっかり入って来てしまった。
達成感はあるんだけれど、
そのあと授業→ボランティア→家→キャンパスに戻ってイベント参加
さすがに疲れた。
体力的だけでなく、最後に思いきって先生達と話をたくさんしようとしたり、一言ノートのお願いをしたり。
自分ではあまり得意な分野ではないことを絶えずしているので気も疲れている感じ。
でも今日頑張って声かけた二人の先生、
一人の多文化リテラチャーの先生は、私の名前もこれが彼女に教えてもらうのが2回目ということも覚えてくれていた、このクラスになって直接話した事はないと思うのに。
もう一人の前学期かなり影響をうけた先生は、その後キャンパスですれちがっても目をそらす感じだったので、忘れられているかあまりいい印象のない生徒なのかな、と思っていたけれど、今日話しかけたら、私の事すごくよく覚えていてくれた。そして真摯に話をきいて、的確なアドバイスをくれた。
感動。

ちょっと話がずれるが感動ついでに最後の授業で、課題の一つに自分で多文化のストーリーを書くというのがあって、小グループで発表した一人のやつがテーマが死。お兄さんを亡くしたという実体験に基づいてかかれている話が、かなりよかった。本気でこれは出版できそうな話だった。
私の半年かけて考えて来た死についての内容と、シンクロして読み終わったら泣かずにいられなかった。
はずかしー、と思ったが、その後読んだとなりの子もないていた。
最後の授業にこんなに心が動かされるとは。それが先生のタマゴである級友の作品とは、いい終わりになったな。



昨日くらいに、ものすごくJのことについて考えるのが楽になって
いやーつらかったけど、一ヶ月もせずにこんなに軽やかな気持ちになるなんてびっくり、と思っていたけれど今日は全然ダメだった。
今日はJが里帰りする、と予定をしっていてそれだけで近く感じられ、近く感じられるのにもう遠くでしかない存在を確認してどっと心が沈んだ。

ワンちゃんについては、今日の授業で号泣してから、今日は心の中に悲しい思い出ばかりがよみがえり、
極めつけには夕方のイベントに大型年寄り犬が来ていて、これがまた私のワンちゃんを思い出させてしまうのだった。

いずれにせよ、気持ちのアップダウンを繰り返していくのだなとつくづく思う。
あと数日はバタバタ過ごすことになりそう。
丁寧に。笑顔で。

posted by r at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

久しぶりにたくさん飲んだ

毎週のようにおじゃましているKさん宅。さすがに毎週は失礼だろうと声をかけずにいたら、向こうから声をかけてくれた。
Fとハイキングに行こうか、とぼんやり話をしていたんだけれど、Kさん達がせっかく声をかけてくれたので、Fとの方を延期。

3時間のシフトの後、ジムに行ってさささと運動しその後にお邪魔する。
道中すごく暑くてちょっとフラフラするくらいだった。
今日はKさん夫妻とTさんだけだったからリラックスしてついつい飲み続けてしまい
帰って来てもついついユーチューブをずっと見続けて
瞑想もできないし、寝付いたのは1時くらいだし、3時くらいに目が覚めちゃうし。
朝起きたら部屋の中がアルコール臭かった。

こりゃだめだー、と思ったんだけれどたぶん普段しっかりケアしているせいかダメージは少なく授業に行けた。
授業があるのは、あと2日。
明日がんばって最後の課題を終わりにすれば水曜日にはフリーに。

posted by r at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする