2016年09月18日

引っ越しプロ

明後日が引っ越し。
荷造りとお掃除に丸2日とったが、割と水まわりもすぐきれいになり本日のパートはかなり早く終わってしまった。
2012年から1年ごと引っ越ししているので荷物も少ないし段取りや掃除もなれたものだ。

気になるKさんは、私が一回誘って約束した日に体調不良を理由に連絡が来ず
こりゃだめだ、と思っていたら
翌週に向こうから連絡があり、私の引っ越し先=Kさんの実家近所を案内してもらった。私の家も見てもらったら「ここはこうすればいい」と今後も関わってくれるような発言も多く、
その後もメールで長いことやりとりするようなこともあり
私にとってはとっても楽しい時間を過ごす。恋をするってこういうことだったのね。

仕事でも毎日やりとりするほどがっつり関わっているので、そこも加味した上で、今後どんな付き合いにするのか話をしなくてはいけない。
むこうからの好意は感じるが、年も離れているし、仕事もこのままってわけにはいかなそうだがそれも向こうには不都合な状況であり、このまま恋愛につながる可能性は半分くらいかと見ている。

あまり期待を増やしすぎてダメだと私にダメージが大きいのでさっさと話をしようと思いもするが
焦らなくてもいいのかもしれない。
今の私だったらダメでもすぐ立ち上がれる根性もついてそうだし。



仕事はやはり変革の時。自分では満足いくまでできていないが、私の仕事や考えはかなり評価されているのがわかる。
しかし評価されているのに、上司やコンサルが気を使うのはCさんのことで、そこが不満。
さすがにそこには我慢しきれずに、ちょっと自己主張してみたら、それ以降は私にも気を使ってもらえるようになったので満足。
いざとなったら自分に責任は来ないでほしいと思っているんだから、Cさんがやる気になるのをもっとサポートしなくてはいけない。



そんなタイミングでA先生と会う。A先生はCさんから相談を受けている人で、結局Cさんネタが多いのだが
結論はCさんは自信がなくて特に私に対してコンプレックスを抱いていると、私は屈託なく前向きに色々やってまぶしい存在なのだと。
持っている力だとか状況だとかは互角なんだがこのマインドの違いに差が大きく出ているようだ。
それって私が助けられるものなのだろうか。思い切って一度腹をわって話をしてみるか。
posted by r at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック