2016年07月30日

JNの訪問

これはやっぱり特筆すべきと思い振り返り日記。

大学の恩師が海を越え私の町へ。
旦那さんのカンファレンスで日本に来るついでにということだけれども
東京からわざわざ一人でこちらに来て、2泊して、私の会社の関わる仕事をたくさん見てくれた。

好み?考えも似ているところがあり、いつも頼りにしていた大好きな先生。
それでもやっぱり忙しいから遠慮するところもあたったが
今回ばかりは彼女を独り占め。
大学で学ぶこと、教えるキャリアについて、いろんなことを聞くことができた。
仕事については、現状私の周りでは到底でないような感想も出て、ただ感動。

そしてハイライトはやっぱり私の授業。
しかも学期末期末試験直前ということもあり、私はテンションがマックスに。
大事な期末の最後の授業をJHに入って時間を使うことは結果的に行って正解ではなかったような気がする。
だけども生徒たちにもスペシャルな体験は味わってもらえてよかったなと思う。
1クラス目はいい出来ではなかったが2クラス目は感動的な仕上がりとまとまりで
JHが絶賛してくれた。ああ!この道を選んでよかった私と最高に思った。

JHの中で生徒の中の一人だった私が、同じ土俵(の入り口)に立たせてもらったような人生でもハイライトと言える時間だった。


家は決まって楽しみだし、すぐに犬もかえちゃうかもしれないし、
最近始めたボランティアもすごくいいし、地に着いた人生を歩んでいるという実感が出てきた最近。
(しかし気持ちが下がる数日後に続く)
posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック