2016年05月08日

1年前の日記に元気をもらう

慌ただしく行った社保の健診で、ちょっときになる値の貧血をマーク。
あれ?1年前のあのお医者さんは貧血問題なしって言っていたけれど、あっちは基準値が違ったのか?

いったん貧血とわかるとジムで体がついていかない気もするし
朝も寝起きが悪い気がする
今日も朝もうちょっと寝ようと思って起きたら10時半だった。
やれなければいけないことはものすごくたくさんあるのに、イマイチ前向きにとらえられず
だらだら朝食をとりながら去年のこのくらいの時期の日記を読んだ。

ワンちゃんが亡くなった1年前、どん底にありながらも
人に助けられ、やるべきことにベストを尽くして、3年間の留学生活の中でもこの期間は特に凝縮されたクオリティ高い時間だったように思う。
その頃の日記から元気をもらう。

仕事は期待通りに進んでいる。努力が必要だけれど、やれば結果が出てくるような気がするな。

安い中古住宅でも買うか、と思って調べ始めるとそれに延々時間をとられる。
その時間がもったいないような、でももう一歩自分の人生を落ち着いて捉えた時にそこが必要なような。

ワンちゃんと、美しい景色と、笑顔で応援してくれている人に囲まれていた3年が恋しくてそこにすがりたくなるような気持ちに最近よくなる。ワンちゃんの一周忌だから、ちょっとだけ過去にひたりながらも
今ある時間も同じようにいとおしくなるように、やることを心で見極め、誠実にとりくみたい。



posted by r at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック