2015年11月23日

急いでメモ

祖母が亡くなった。
大きな病気もなく長寿を全うして、いつも帰って来るたびに次会えないかもな、と思っていたから驚きはなかった。
今月、ふと思い立って仕事前に会いに行った。祖母は現実と夢の中を行ったり来たりしていて、会話にほとんどならなかった。私の事は母親だと思って話していた。ふとして、黙り込んだと思ったら低い声で歌いはじめたりして
もうこの世から去り始めている、ということが強烈に感じられた。

一報を受けたその日普通に仕事をして、帰って来てからどっと疲れ、
ワンちゃんの時の感情がわっとおしよせてぐったりしていると、これまたすごいタイミングでJからメールが入る。内容はまた気遣いメールで悪くはないけれど、他人行儀というかあたりさわりなさすぎて、ただ、当時の事を思い返してしまう、といった感じ。
いつもこの人はこういうタイミングなんだよな。なんか意味があるんだろうな。

翌日は朝動けなかった。その日は通夜しかなかったし、別にベッドに居たっていいかと思い、半日だらだらしていた、その時も心はずっしり重くてどうしようもなかったんだけれど
ある瞬間に前向きに考えられるようになったので、そこがチャンス!と飛び起きてジムに行ってみた。
少し体を動かしたら、楽になったので、そのまま通夜へ。

その後もしっかり休養をとりながら法事にかけつけて週末終了。

私の人生も一歩一歩進みながら、死に向かって一日一日近づいているわけで
悩んでも仕方ないところで停滞するよりも、自分が心地いい、幸せだと思える環境を作るために前進していきたいと祖母から教えてもらったような週末だった。

posted by r at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック