2015年08月08日

ハ9日目

今回の思ったことを書き記す時間が欲しかったけれど、時間がまだまだありそうだったので、
思いきってヒロのマーケットへ。
そして泊まっているところのMがなんどかすすめてくれたので、滝にもひとつ行ってみた。
行って「はいきれい」って感じで終わったけれど、見ておいてよかったな。
ヒロの街ではどうでもいいものを永遠時間をかけて選んだり
アートギャラリーに寄ってゆっくり絵をながめたり
ハワイ時間を堪能した。

ゆっくりパソコンでタイプができて気持ちいいところ、
海辺の公園もいいけど、おいしかったカバが飲めそうなあのつきあたりの街に行ってみよう!ときてみたらなんと今はカバは取り扱っていないという事。がーん。
ならここにわざわざ来なくても、と思ったけれど風がとても気持ちいいテーブルがあったので、スムージーをのみながら後半日記を書き終える。

今日ヒロのマーケットに行ったら「日本人ですか?」と私より少し年齢が上の女性に声をかけられた。
結構話しが弾んだので自分の身の上?を簡単に話すと
「日本に帰っても、自分のやりたいことをあきらめずにやったほうがいい」ということを言われて
なんとなく自分の心の中でそこが心配要素だったので後押しされたような気分になってうれしかった。

ハワイに来てから、「この旅行必要だったかな?」と思うことが何度かあった。
ハワイの自然のエネルギーはものすごいけれども、私が3年過ごした街も結構いいエネルギーがあったので、感動はたぶん日本から来るのの半分くらいしかなかったし
3年間の日々がどんどん遠くなっていくようでさみしくて仕方なかった。
加えて後半は一人になって時間もあるので、自然とワンちゃんの事を思い出して悲しくなったりついでにJの事を思い出して無駄に切なくなったり
だったら日本にすぐに帰ってめまぐるしい日々に身を置いた方がよかったのかも?と思ったりもした。

でも今感じるのは
これから必ずワンちゃんのこともJのことも思い出して落ち込むことがあると思うけれど
その落ち込みの初回?をこの幸せなハワイで体験したことで、これから日本に帰って苦しい気持ちになっても、この幸せな時間も思い出して助けてくれるのだろうと思った。
3年間が遠くなるこのさみしい感覚も日本でのめまぐるしい日々の中だと戻りたいという強い気持ちが出て来るのではと思うけれど
このハワイの10日間が中和剤みたいになってくれて、いい意味で思い出を遠ざけてくれたかなぁと。
留学から帰りました、と意気込む私よりも、ハワイから帰って来ましたという気分の方がお高くとまらずに仕事を始められるかなと思った。

切ない気持ちは遠くに。でも3年間でみつけたものは失わずに、忙しい毎日でもしっかり地に足をつけて歩みたい。

そんなことを書き記した後ビーチに行って見ると、暑くも寒くもない気持ちよい風がふいて、夕方でとてもきれいな景色をゆっくり見る事ができた。

マウナケアも火山もマンタもよかったけれど、この最後の夕日が一番私が好きで求めていた景色かもしれない。
期待が大きすぎたのかもしれないけれど、なかなかハワイに恋する気持ちになれなかった。
でも最後になってやっとなんて素敵なところだろうと思えることができた。
もう一回来たいな。
その時まで!


posted by r at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック